fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「日本にも名作は多いのに…」 何で日本のドラマは海外で人気が出ないんだ?

今回は、日本の情報を多言語で発信するサイト、
「nippon.com」が配信した記事からで、
「なぜ日本のドラマは海外輸出が成功しないのか」
にスポットが当てられています。

記事はまず、日本では海外ドラマが複数放送される中で、
現状は「圧倒的な輸入超過」であると指摘。
その上で日本ドラマの不利な点として、
以下の2点を挙げています。

・日本のドラマは海外ドラマに比べて、
 放送回数も一回の放送時間も少ない。
 バブル期、広告費を容易に稼げるころに、
 短いクール・話数で新しいドラマを投入していき、
 より多くの広告費を稼ごうとした時代の名残。

・海外ドラマの圧倒的な制作費に勝てない。
 日本ドラマは1話当たり3000万〜4000万円だが、
 アメリカの大ヒットドラマ「LOST」(2004年)は、
 450万ドル(現在のレートで約7億円)で、
 他の米国製ドラマも同じ水準である。
 それが可能なのは、制作の段階で、
 海外への販売や配信による収益が見込めるため。


日本のドラマが海外で成功しない理由について、
外国人から様々な意見が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本よ、何故なんだw」 日本が世界的に特殊である事を示すNetflixのデータが話題に

26977049_s.jpg
[ 2024/04/22 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(214)

海外「日本から出たくないだろうな…」 日本で自由を満喫するビヨンセの姿に世界が衝撃

世界最高峰の音楽賞であるグラミー賞において、
歴代最多受賞・ノミネート記録を保持している、
現代を代表するアーティストの1人であるビヨンセさん。

先日夫のジェイ・Zさんとプライベートで来日されており
(1日だけ渋谷で急遽サイン会を開催)、
昨日になって、日本滞在中に撮影された写真を、
自身の公式インスタグラムに投稿しています。

そのほとんどはファッション関連なのですが、
唯一プライベートを写(映)したものは、
それが最も特別な経験だったかのように、全て鉄道関連。
駅構内を歩く&新幹線から富士山を眺める様子の動画、
そして座席でジェイさんと談笑する姿を収めた写真でした。

普段はプライベートジェットや車で移動していることから、
公共交通機関を利用し、それを楽しんでいることに、
世界中から驚きと喜びの声が寄せられています。
多くの外国人は、有名人のプライベートが尊重される、
日本だからこそ可能だったと考えているようでした。

「日本のような社会を目指そう」 お忍びで来日したハリウッドスターが日本のとある特徴に衝撃

screenshot 59
[ 2024/04/21 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(141)

海外「日本に行くのが怖いw」 日本で新たな趣味を発見してしまった外国人観光客が帰国時に大変な事に

日本ではテレビゲームの普及よりも早く、
1960年代には既に複数のメーカーが参入し、
市場が形成されていた「クレーンゲーム」。

クレーンゲーム自体は日本独自の物ではありませんが、
世界有数のキャラクター天国であるがゆえ、
ぬいぐるみの可愛さや景品の幅広さは世界的に有名で、
多くの外国人観光客が楽しんでいます。

今回の翻訳元の投稿者さんも、
日本でクレーンゲームにハマってしまった1人で、
収められた写真には100個以上の景品が。
「日本旅行のほぼ全てをクレーンゲームで過ごした」
ほどお連れの方と一緒にのめり込んでしまったそうで、
全ての景品を母国に持ち帰るために、
空港で新しいバッグを買う必要があったそうです。

持ち帰るのにはかなり難儀されたようですが、
多くの方には、投稿者さんの気持ちが分かるようでした。
寄せられていた反応をまとめましたので、ごらんください。

「日本を侮っていたよ…」 世界でも日本に来た時のみ外国人に起きる現象に共感の声

439272902_25164897766490413_5063758941880496775_n.jpg
[ 2024/04/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(59)

ドイツ「日本は俺達の上位互換だから」 独誌が『日本こそ我々の模範の国』と報道し話題に

今回は、ドイツ最大発行部数を誇る経済誌、
「ヴィルトシャフツヴォッヘ」が配信した、
「日本の秘められた力」と題された記事からです。

記事のサブタイトルは、
「産業の巨人が我々に改革の道を示す」というもので、
「日本は繁栄している。
 慎重な改革や高い自尊心の維持などから、
 彼らは恩恵を受けているのだ。
 ドイツは日本から学べる事をお伝えしよう」
と、
日本がドイツの模範に値する国であると主張。

その上で、
「電車は時間通りに運行し、高速道路には陥没はなく、
 インターネットやモバイル通信は尋常じゃなく速く、
 都市の中心部は清潔で安全で、家賃は手頃で、
 医療は非の打ち所がない」
と指摘し、
それらの点を日本に学ぶべきだとしています。

この記事を、名門ライプツィヒ大学の、
経済政策および国際経済学の教授、
ガンザー・シュナーブル氏がシェアしたところ、
ドイツの人々から様々な意見が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「今や全世界が親日家だ」 なぜ日本とドイツは相思相愛なのか海外で議論に

27792857_s.jpg
[ 2024/04/19 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(105)

海外「日本語が公用語だったとは!」 日本とパラオの意外過ぎる結びつきに外国人が衝撃

フィリピン東方のミクロネシア地域に位置する、
500以上の群島からなる国である「パラオ」。

かつては日本の委任統治領だったことから、
日本との関わりは現在でも非常に深く、
今なお子どもに日本風の名前をつける人が多く、
また、パラオ語、英語、ソンソロール語、トビ語と並んで、
日本語も州によって公用語の1つとなっています。

パラオ語として定着した日本の言葉も非常に多く、
近代化に伴って必要となった言葉としては、
「オカネ(お金)」「センキョ(選挙)」「ケンポ(憲法)」
「デンキ(電気)」「デンワ(電話)」などが挙げられ、
日常に結びついた言葉では、「ベントウ(弁当)」
「ショウガナイ」「ダイジョウブ(大丈夫)」
「コマッテル(困ってる)」などが挙げられます。

翻訳元のパラオを紹介する投稿には、
日本との強い結びつきに驚く声が相次いでいました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

中国「日本の影響は明らかだ」 現代中国語の8割が日本語に由来するらしい…

japan-palau-flag.jpeg
[ 2024/04/18 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(57)

海外「日本を大国に導いたのに…」なぜ『ラストサムライ』では日本を近代化させた明治政府が悪役なの?

2003年に世界各国で公開された、
叙事詩的時代劇アクション映画「ラスト サムライ」。
1877年に西郷隆盛を盟主にして起こった西南戦争と、
外国勢力による日本の西洋化にヒントを得た作品で、
海外作品ながら、武士道とはどんなものなのかを、
偏見なく描こうとした意欲作でした。

映画やエンタメ情報を専門的に扱うメディア、
「Movies and Delight」は、
「正論を述べていた映画の"悪役"」として、
「ラスト サムライ」の大村(演:原田眞人)の名を挙げ、
その理由を以下のように綴っています。

「『日本は強くなる事で列強に抵抗しなければならない。
  そのためには富国強兵を目指さなければならない』

 おそらく大村の意図は自己利益を追求しており、
 日本が近代化していく過程において、
 自分の財布を肥やすことを目指していただろう。

 しかし、彼の手法と目標は日本全体のために最善であり、
 士族反乱の領袖である勝元(演:渡辺謙)の目標は、
 日本の遺産と古い生活様式を保護することにあった。
 
 大村は日本のために何がなされるべきかを理解していた。
 欲望と力への飢えが根底にあったにせよ、
 日本が世界の舞台で競争するためには、
 近代化が必要であるという事実を認識していたのだ。
 
 列強により国土を切り取られないためには、
 日本は西洋のやり方を受け入れなければならなかった。
 そして大村は、そのために中心に立っていた。

 近代化により古いやり方は忘れ去られるかもしれないが、
 最終的には日本は新しい世界で生き残り、繁栄する。
 明治政府側は結局のところ正しかった。

 『日本は新しい物を導入しなければならない』。
 日本の未来はまさにこの考えにかかっていたのだ」



上記の指摘に対して、世界中から意見が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本人との差は何なんだろう…」 明治維新を成し遂げた日本にアフリカから羨望の声

screenshot 54
[ 2024/04/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(140)

海外「なぜか日本人は楽しんでるw」 海外のバンドが最新のJ-POPをパクった結果カオスな展開に

現在日本国内のみならず、世界中で人気を博している、
Creepy Nutsの楽曲「Bling‐Bang‐Bang‐Born」。
アメリカ、イギリス、フランス、台湾、チェコ、
インドネシア、ラオス、メキシコ、チリ、ウクライナなど、
世界10か国以上のiTunesヒップホップチャートで1位を記録し、
ビルボードの「Global Japan Songs Excl. Japan」では、
12週連続の首位を獲得し、YOASOBIの「アイドル」を超え、
歴代単独1位となっています。

その人気はミャンマーでも変わらないようで、
現地のバンドが「Bling‐Bang‐Bang‐Born」を盗作し、
ミュージックビデオをYouTubeに投稿する事態も発生。
盗作に気づいた現地の人々はバンドを強く非難する一方、
身内贔屓にならないミャンマーの人々の姿勢に、
日本のユーザーからは温かい声が相次ぐことに。

また、あまりにも堂々と曲を真似ている事から、
思わず笑ってしまう日本人も続出しており、
日本人とミャンマー人とで、対照的な反応になっています。
寄せられていた声をまとめましたので、ごらんください。

「もうやだこの星w」 世界における織田信長のイメージがカオスだと話題に

screenshot 53
[ 2024/04/16 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(144)

海外「世界に日本があって良かった」 アメリカの著名な歴史家が岸田総理の演説を大絶賛

4月8日から14日までの日程で、
米国を国賓待遇で公式訪問していた岸田総理。
12日には日本の首脳としては約9年ぶりに、
米議会の上下両院の合同会議で演説を行っており、
20回近いスタンディング・オベーションが起きるなど、
多くの米議員の心を掴んでいました。

facebookで200万人近いフォロワーを抱える、
名門ボストン大学の歴史学の教授、
ヘザー・コックス・リチャードソン氏も、
岸田総理の演説に対する感想を投稿。

岸田総理が演説の中で、
「米国はこれまでに世界の国際秩序を作り、
 世界の自由と民主主義を擁護し、
 より良い世界への取り組みを果たすために、
 尊い犠牲を払った」と米国の功績に言及することで、
「『アメリカ人とは一体何者なのか』を、
 アメリカの議員たちに思い出させようとした」と、
現在のアメリカの議員が失いつつあるものを、
岸田総理が呼び起こそうとした事を高く評価しています。

また、米三大ネットワークのNBCとCBSは、
岸田総理の演説のフル動画をYouTubeに投稿しており、
ここでも絶賛の声が米国やアジア地域から殺到しています。
寄せられていた反応をまとめましたので、ごらんください。

「負けた相手が日本で良かった」 大谷翔平の『米国への憧れ捨てて』スピーチが英訳され現地を感動の渦に

screenshot 50
[ 2024/04/15 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(179)

中国「本当に日本人が作ったの?!」日本の中華風ミステリーアニメの完成度に中国から絶賛の声

日向夏さんによる同名ライトノベルが原作の、
中華風ミステリーアニメ「薬屋のひとりごと」。
架空の中華風帝国、茘(リー)を舞台に、
後宮に勤める主人公の猫猫(マオマオ)が、
王宮内で巻き起こる事件の謎を、
薬学の専門知識で解いていく物語です。

第1期は先月24日まで放送され、
番組終了後には第2期放送決定を発表。
2025年に放送予定だと伝えています。

中華風の日本アニメいうことで、
この作品は中国でも大反響を呼び、
ネット上には多くの感想が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

中国「日本よ、中国人キャラが語尾に付ける『アル』ってどういう意味なんだ?」

screenshot 48
[ 2024/04/14 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(199)

米国「日本はもう許してくれたの…?」日本を象徴する特別な贈り物が米メディアを1つにしてしまう

現在国賓待遇で訪米中の岸田文雄総理は10日、
ホワイトハウスで開かれた歓迎式典にて、
米国に250本の桜を寄贈すると公表しました。

なぜか日本のメディアではほとんど報じられていませんが、
アメリカのほぼ全ての大手メディアは、
今回日本が米国に寄贈する桜に関して、
「タイダルベイスン周辺に新たに防潮堤を設置するために、
 撤去される140本の代わりに植えられる」と伝えており、
友好の象徴の他にも重要な意味がある事を紹介しています。

この件は、米メディアの中でもリベラル派の代表である、
ニューヨークタイムズ紙やワシントンポスト紙のほか、
保守派の代表であるFOXニュースも大々的に報道。
普段は論調の違うそれぞれのニュースメディアが、
非常に好意的に日本との友好の象徴を伝えています。

関連記事には米国人からコメントが殺到。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本は島国だから」 世界で日本のみに存在する石の奇跡的な形に驚きの声

screenshot 45
[ 2024/04/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(120)
最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事




ブログパーツ アクセスランキング