fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「俺の国にも皇室があれば…」 天皇皇后両陛下のお姿に外国人が感銘

日本国及び日本国民統合の象徴である天皇。
世界最古の王室(皇室)とも言われるようにその歴史は古く、
今上天皇を含め、125代の歴代天皇が挙げられます。
初代神武天皇から十数代の天皇の実在性については諸説ありますが、
少なくとも26代の継体天皇(507ー531)の実在は確実視されているそうです。

さて、映像では、天皇皇后両陛下のお写真が、スライドショー式に紹介されています。
両陛下の仲睦まじいご様子などに、外国人から様々な反応が寄せられていました。

関連記事:海外「この可愛さは何だ!」 悠仁親王殿下のお写真が外国人に大人気

リクエストありがとうございましたm(__)m
emperorempress.jpg
[ 2014/08/31 23:00 ] 文化・歴史 | TB(-) | CM(-)

トルコ「さすが兄弟国」 日本で行われたオスマン軍楽隊の演奏にトルコ人が感激

映像のパレードは東日本大震災のチャリティーコンサートとして、
岡山トルコ文化センターが岡山市内で開催したもので、
オスマン帝国時代から続く伝統的な軍楽であるメフテルが、
本場トルコの人々によって演奏されています。

メフテルは世界最古の軍楽隊で、欧州の軍楽隊はメフテルを参考に作られており、
現在のブラスバンドの楽器の基本編成も、メフテルの影響を受けているそうです
(ベートーベン&モーツァルトの「トルコ行進曲」は、メフテルを意識して作曲された)。

日本国内でメフテルの演奏が行われていること自体が、
多くのトルコ人にとって、大変感銘を受けるものであったようです。

コメントはこちらのまったく同じ内容の動画からも
hqdefaultde.jpg
[ 2014/08/29 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)

海外「神道的な美なんだよ」 日本の陶器の『不完全さ』を巡り外国人が論争

今回は日本の陶芸家の作業風景を観た外国人の反応です。

映像の陶芸家は、益子にて作陶を行っていらっしゃる松崎健氏です。
大学で陶芸を専攻し、卒業後は人間国宝の故島岡達三氏に師事。
5年間の修行を経て独立し、独自の陶芸技術を確立していきました。
大阪市内にある阪急うめだ本店では1980年から今現在まで毎年一度、
米国や英国など国外でも、多くの個展を開いていらっしゃいます。

松崎氏が作り出す作品には、日本の多くの茶碗同様、
意図的な「歪み」が見られます。
あえて不完全とも思える形に仕上げる。
その点に関して、外国人から様々な意見が寄せられていました。

hqdefaulttt.jpg
[ 2014/08/28 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)

海外「日本の魅力に惹きこまれた」 慶応大の外国人留学生誘致PVが大好評

1920年、早稲田大学などと共に、日本初の私立大学として発足した慶応義塾大学
その起源は、1858年(安政5年)に福沢諭吉が中津藩中屋敷内に開いた蘭学塾にあり、
1868年(慶應4年)に新校舎が完成した際に、時の年号をとり慶應義塾と定められました
(「義塾」は"public school"⦅共立学校⦆の訳語)。

慶応大学は日本でトップクラスの知名度を誇る私大の1つですが、
国際化にも力を入れており、現在1303名の留学生が在籍しています。
映像は、慶応大学がさらなる留学生の獲得の為に制作したもので、
「日本への関心を引き出」すことを念頭に作られているそうです。

美しい瞬間が詰まった映像に、外国人から様々な反応が寄せられていました。

リクエストありがとうございました。コメントはこちらの同じ内容の動画からも
hqdefaultt.jpg
[ 2014/08/27 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)

海外「日本の圧勝です」 世界の様々な高性能ロボットを見た外国人の反応

動画では、「あなたはどれが一番好き?」と質問を投げかけた上で、
2014年現在までに作られた、世界の最先端ロボットが紹介されています。

登場するロボットは以下

Nao(0:07~3:22)
youtube-S5AnWzjHtWA.jpg 自立歩行する小型ヒューマノイドロボット
 フランスのアルデバラン・ロボティクス社製
 ソフトバンクが発表した「Pepper」の開発も担当


アシモ(3:23~12:07)
youtube-S5AnWzjHtWA2.jpg 世界初の本格的な二足歩行ロボット
 本田技研工業が開発
 開発の動機に「鉄腕アトム」があったとされる


Paul(12:08~16:06)
youtube-S5AnWzjHtWA3.jpg 似顔絵ロボット
 ロンドンのアーティスト、パトリック・トレセット氏による開発
 人物の顔を撮影し、写真の陰影をトレースする仕組み


PETMAN、 WildCat、 LS3(16:07~20:38)
youtube-S5AnWzjHtWA4.jpg
 いずれもアメリカのボストン・ダイナミクス社製
 BD社は国防高等研究計画局の支援の下、
 四足歩行ロボット「ビッグドッグ」も開発


アクトロイド(20:39~24:33)
youtube-S5AnWzjHtWA5.jpg
 高度に写実的な人間らしさを備えた人体型ロボット
 ココロ社(サンリオグループ)が大阪大学と共同で開発
 レンタルも可能で、レンタル代は5日間で40万円


Curiosity(24:34~33:39)
youtube-S5AnWzjHtWA6.jpg
 火星探査機ローバー
 アメリカ航空宇宙局 (NASA) が開発
 2011年11月に打ち上げられ、2012年8月に火星着陸
 Curiosityは現在も火星を調査中


Bionic Kangaroo(33:40~)
youtube-S5AnWzjHtWA7.jpg
 カンガルー型ロボット
 ドイツのエンジニア会社Festo社製
 アームバンド型のコントローラーで操作出来る


動画は3ヶ月ほどで100万再生を突破し、1800のコメントが寄せられるなど大人気。
高性能なロボットに、外国人から様々な反応が寄せられていました。
[ 2014/08/26 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)

海外「日本の美を感じる」 日本古来の製本技術が外国人に密かな人気

今回は日本の伝統的な製本、和装本(和綴じ)への反応です。

「和装本」はあくまでも日本古来の装幀の総称であって、
巻物や折り本の製本法も和装本に含まれるのですが、
動画では、紐(紙縒り)を用いて綴じる製本法、
四つ目綴じの手順が紹介されています。

和綴じは元々唐の時代に中国から伝わったものなのですが
(空海が持ち帰った「三十帖策子」が現存する最古のもの)、
角切れ(角が潰れるのを防ぐため、綴じる側の上下隅に縁取りを加える)や、
穴と穴の間隔など、日本独自の製本法がいつかの時点で海外に伝わった為か、
特に欧米などでは、「Japanese bookbinding」と呼ぶ方が多いようです。

YouTubeにて「Japanese bookbinding」で検索してみますと、
やはり四つ目綴じの方法を紹介されている動画が複数投稿されており、
中には10万、20万再生を越える動画もいくつかあるなど、意外な人気を博しています。


Japanese Bookbinding Tutorial: 4-Hole
[ 2014/08/24 23:00 ] 文化・歴史 | TB(-) | CM(-)

南米「日本ってやっぱ凄いよ」 日本の日常のふとした光景に外国人が感銘

映像は日本在住のメキシコ人の方が撮影されたもので、
「日本で気がついたこと」がいくつか紹介されています。

まず前半では本やダンボール、空き缶や空き瓶やペットボトルをきちんと分け、
リサイクルに取り組む日本の社会の姿が収められています。
そして後半では、駅構内で電車を待つ1人の女子生徒にスポットが
(投稿者さんは8歳くらいだろうと仰っています)。
ここでは2点挙げられているのですが、まず、安全な東京では小学生が1人で、
あるいは小学生のグループだけで電車に乗ることは一般的であるという点。
そして、日本では、動画に映っているあの女子生徒のように、
鉄道利用者は常に何かしらの本を読んでいるという点が紹介されています。

映像の光景は、外国人にとって大変感銘を受けるものであったようです。


Cosas que Llaman la Atencion en JAPON [By todoJapanese]
[ 2014/08/21 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)

海外「さすがホンダだ!」 水中を難なく走るホンダ製のバイクに外国人仰天 

映像は3年前にタイに甚大な被害を催した大洪水時に撮影されたもので、
氾濫のためほぼ川と化した道路を突き進む男性の姿が映されています。

男性が乗っているバイクは、2001年までタイで生産されていた、
HONDAの「NSR150」(149cc、水冷2ストローク単気筒)。
スリムでコンパクトなボディで燃費性能に優れており、
現地ではもちろん、日本国内でも希少車として人気がある1台であるそうです
(日本国内における中古車の相場は、20~30万円)。

この驚異的な光景に、外国人から様々な反応が寄せられていました。


motorcycle in the water
[ 2014/08/19 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)

海外「この美しさは何なんだ」 600万円の値が付いた錦鯉が外国人を魅了

錦鯉の養殖は、19世紀初頭に新潟県の旧山古志村で始まり、
1914年に東京で開催された博覧会を期に、全国的に知られることになります。
近年では直接日本まで買い付けに来る外国人が急増しており、
生産量の約8割が海外に輸出されるまでになっているそうです。

映像で紹介されている錦鯉は、日本で開かれた品評会で賞を受賞し、
6万ドルの値が付けられたそうです(8月18日現在のレートで約615万円)。

過去には4000万円の値が付けられた鯉も存在し、
1千万超えですら、極めて稀というわけではないそうですが、
見事な色彩を持つ錦鯉に、外国人からも感嘆の声が漏れていました。


$60,000 Japanese Koi Fish
[ 2014/08/18 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)

台湾「日本と台湾は家族」 日台友好を願う1人の日本人の活動に台湾から感動の声

今回は、日台友好のために台湾でフリーハグ(ズ)を行った、
とある日本人男性の動画からです。

フリー・ハグは、街頭で見知らぬ人々と合意の上でハグ をし合い、
人の愛であったり温もりを感じようという活動で、
元々は2001年ごろに一人のアメリカ人男性が始めた物なのですが、
徐々にインターネットを通じて世界中に広まっていったそうです。

映像は、一人の日本人男性が台湾でフリーハグを実行した際の模様。
実は台湾での活動は2回目で、1回目の2013年版では、
10分間で19人の台湾の人々とのハグに成功しています。

日本と台湾の友好を願う1人の日本人の活動に、
台湾人からも感動を伝える声が寄せられていました。


Free Hugs for Taiwan-Japan Peace 2014 (日本人が台湾で再びフリーハグをしてみた 2014年版)


Free Hugs for Taiwan-Japan Peace 2013 (日本人が台湾で10分だけフリーハグをしてみた)
[ 2014/08/17 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)
最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング