fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「日本はさすがだ」 ドイツを正式名称で呼ぶ国は独語圏以外では日本だけだと話題に

欧州大陸における政治的・経済的な主要国であるドイツ連邦共和国。
ドイツ語での正式名称は「Bundesrepublik Deutschland」で、
Bundesは「連邦」や「連盟」を、republikは「共和国」を、
そして日本における通称である「ドイツ」の元になっている
DeutschlandのDeutschは「民衆」や「大衆」を意味しています
(Bundesはサッカーの「"ブンデス"リーガ」で有名)。

ドイツの呼び方は国や言語によって異なり、
英語圏では「ゲルマン人の地」を意味する「Germany」、
ラテン系言語ではフランス語で「Allemagne(アルマーニュ)」、
スペイン語で「Alemania(アレマニア)」、
ポルトガル語で「Alemanha(アレマーニャ)」など、
「アレマン人の地」を意味する言葉が元になっており、
基本的にはこの2つの系統が世界で主流となっています。

今回の翻訳元では、それぞれの国でのドイツの呼び名が、
元となった言葉の系統ごとに色分けされているのですが、
広義のドイツ語圏以外の国では唯一日本だけが、
正式名称に由来する名前で呼ばれているとされています。

日本だけにスポットを当てた投稿というわけではないのですが、
やはり日本だけ明らかに浮いてる事もあり、
多くの方が日本に言及するコメントを残していました。
寄せられていた反応をまとめましたので、ごらんください。

「俺の国は『絶望』だ」 BBC「日本のように自国に『元号』を作るなら?』

573575475.png
[ 2022/09/30 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「日本は資源もないのに…」 今もガソリン価格が安定している日本に世界から羨望の声

近年、世界的にガソリン価格が高騰していますが、
そのような中で、日本在住のインフルエンサーSAMITTさんが、
日本のガソリン価格の安さに焦点を当てた動画を投稿しています。

SAMITTさんが訪れたお店では、会員ではない通常価格で、
レギュラーが171円、ハイオクが182円、軽油が146円
(フェイスブックへの投稿は4日前だが、撮影は7月ごろか)。
少し前にご両親がいるオーストラリアに戻った際、
向こうでは軽油が1リットル3ドル(約434円)、
レギュラーで2.2ドル(約318円)で、
「尋常ではない高さだった」と口にしています。

その経験からSAMITTさんは、
「日本は資源もなく、輸入に頼っているのに、
 なぜこんなにも安く、安定しているのか」と疑問に。
そこで日本政府が発信している情報などを調べた結果、
石油元売り会社に対して補助金を支給し、
高騰を抑えているという事実が判明。
「日本政府は非常に良い仕事をしている」としています。

あくまでも相対的な話ではありますが、
ここ1、2年でガソリン価格が倍近くになった国もある事から、
日本の比較的安定した価格に羨望の声が相次いでいました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

米英紙『なぜ日本は欧米と違い今も経済が安定しているのか』

5735737357.png
[ 2022/09/28 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「元々親日家だったからね」 イタリアの新首相が大のアニメファンだった事実が話題に

イタリアで25日、ジョルジャ・メローニ氏が同国初となる、
女性首相に就任する公算が大きくなりました。

そして現在、海外のネット上では、
メローニ氏が大のアニメファンだった事実が話題に。
以前からメローニ氏は、「宇宙海賊キャプテンハーロック」や、
「北斗の拳」の話題を自身のSNSで発信しており、
特に「宇宙海賊キャプテンハーロック」に関しては、
「ハーロックは人々の無関心や無気力に挑戦し、
 人々の未来を奪おうとする人間たちと戦う、
 私たちの世代のシンボルだったのです」と、
非常に大きな影響を受けた事を綴っています。

また、支持者から送られた「メローニちゃん」のイラストを愛し、
以降は「#melonichan」のハッシュタグとともに、
他の人々から送られてきたイラストも紹介。
時には自身を「ラブライブ!」のキャラクター小原鞠莉に見立てて、
「メローニちゃん」をアピールするなどしています。

最近になってこの事がイタリア人以外にも見つかり、
新首相就任が決定的になった事で、大盛り上がりを見せています。
寄せられていた反応をまとめましたので、ごらんください。

「日本製だったのか…」 『母をたずねて三千里』が舞台の地アルゼンチンで大反響

46346_2022092713034072e.png
[ 2022/09/27 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「日本は何を隠してるんだ…?」 洞窟に眠る鳥居が完全に異世界への門だと話題に

神社などにおいて、神域と人間が住む俗界を区画する結界であり、
神域への入口を示す、一種の門である「鳥居」。
鳥居は神社の社が建てられるようになる前から存在し、
その起源については謎が多いのですが、
8世頃には現在の形が確立していた事が分かっています。

さて、今回は現在海外のネット上で話題になっている写真からで、
坑道の奥に立つ朱色の鳥居の姿が収められています。
ここは岐阜県可児市の天ヶ峯おちょぼ稲荷神社の下に掘られた坑道で、
数年前まではこの中で、「洞窟夏祭り」と称された、
日本で唯一の地下坑道内での夏祭りも行われていました。

この幽玄極まる鳥居の光景は、「異世界へと通じる門」として、
多くの外国人に大きなインパクトを与えています。
寄せられていた反応をまとめましたので、ごらんください。

「日本には八百万の神様がいるから」 神社の鳥居の多様性に外国人から驚きの声

287997376_177685678015472_1129702670876243767_n.jpeg
[ 2022/09/26 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「やっと謎が解けたぞ!」 日本人が麺をすする理由を遂に欧米人も一発で納得

日本の代表的な麺料理の1つである「そば」。
現在一般的なそば粉を麺状に加工する調理法(そば切り)は、
安土桃山時代までには存在していたと推定され、
庶民に広がったのは、18世紀(元禄時代)だと考えられています。

そばと言えば基本的にはすすって口にする食べ物ですが、
今回の翻訳元では、長野県松本市の超有名そば店、
「蕎麦倶楽部 佐々木」の店主である佐々木さんが
その理由を以下のように説明されています。

「音を立ててスススッと食べると空気が口の中に入ります。
 香りがブワーッと鼻腔に広がっていきますので、
 それですするという事になるのです。
 ワインのテイスティングでも少し口に含んで、
 口の中で音を立てて啜りますよね。
 あれと同じような感じだと思ってください」

この「ワインのテイスティング」という説明は、
多くの欧米人にとって非常に納得のいくものだったようで、
遂に理解出来た事に対する喜びの声が相次いでいました。
寄せられていた反応をまとめましたので、ごらんください。

海外「自分も全部ムリ!」 日本人には出来て外国人には出来ない5つの事

5754735573.png
[ 2022/09/25 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「日本は世界の先を行っていた」 30年前にドイツを震撼させた日本車が海外で再び脚光

1989年(平成元年)から2006年(平成18年)にかけて、
トヨタ自動車から販売された高級セダン「セルシオ」。
日本国外では同社が展開する高級車ブランド、
「レクサス」から「LS400」としてデビューしています。
日本での販売価格は455万円から(当時クラウンが200万円台)。

当時アメリカでは、キャデラックなどの国内メーカーや、
ドイツのメーカーが高級車市場を独占していました。
一方の日本車は、あくまでもまだ、頑丈な大衆車扱い。
そういった状況を打破すべく「LS400」は開発されたのですが、
その並外れた静粛性や走行性能は世界に、
特に無双状態にあったドイツの高級車メーカーに対して、
突然のライバル出現という大きな衝撃と焦りを与える事になります
(多くの海外メーカーがLS400を解体分析しており、
 V8エンジンなどの面で大きな影響を与えたとされている)。

非常に高い性能が話題を呼び、セールス的にも大成功を収め、
1990年には北米だけで約4万3000台を販売。
1998年までベンツSクラスやBMW7シリーズの販売台数を上回り、
北米におけるステータスを完全に確立する事になります。

そして先日、海外の自動車雑誌「Wheels」が、
セルシオ(LS400)の特集記事を配信。
「日本が世界に衝撃を与え、高級セダン市場を永遠に変えた」
との見出しで、そのインパクトを紹介しています。

セルシオ(LS400)に対し、海外から様々な反応が。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「ありがとうホンダ!」 アメリカ社会を変えたスーパーカブが米国に再上陸

23_20220924141358b05.png
[ 2022/09/24 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「日本人は公平だからね」 海外のトップ女優が日本のお店の対応に衝撃を受ける

今回は、シンガポールを拠点に活躍する国際的女優で、
大の親日家でもあるジネット・アウさんが、
日本の飲食店で体験した出来事からです。

先日、群馬県高崎市の観光アンバサダーとして、
幾度目かの日本に戻ってきたアウさんは、
日本滞在最後の日に、人気とんかつ店に向かいました。
開店前に列の先頭に並ぶ事に成功したのですが、
突然土砂降りの雨となり、仕方なく一度列を離れ、
雨宿りのためにとんかつ店の向かいにある庇の下へ。

人気店であるため、その間に行列が出来始め、
アウさんは慌てて並び直したのですが、
開店時刻になると、アウさんは1番目にお店に通されました。

アウさんは「思いもしなかった」とした上で、
最も早く並んでいた姿を見ていた案内役の店員さんが、
突然の大雨という致し方ない事情を汲んで、
アウさんを一番先に案内してくれたと説明しています。

この店員さんの気遣いをアウさんは、
「人生で最も素敵なジェスチャー」と表現。
大手メディアもこの件を、
「ジネット・アウが日本で畏敬の念に打たれる」と報じ、
非常に大きな話題となっています。

店員さんの配慮、また周囲のお客さんからも理解があった事に、
驚きと称賛の声が相次いで寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「生まれる国を間違えた…」 交通違反の男性が日本の警察の対応に大感動

684.png
[ 2022/09/23 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「日本語は反則だ!」 日本語の可愛さにハマった外国人ママに共感の声が殺到

今回は、日本在住のアメリカ人女性が投稿した動画からで、
女性が個人的に可愛いと思う日本語が3つ紹介されています。

1. もしもし
 「『ハロー』の意味だが、電話口でしか使わない。SO CUTE」

2. みかん
 「この言葉を口にするのは凄く楽しい。
  見た目的にも1番可愛い日本語の1つ!!!」

3. コンビニ
 「コンビニエンスストア。セブンイレブとかローソンとか。
  語呂が良くて口にしやすいから、言ってて楽しい!」


色々な観点から幅広く選出されている事が窺えますが、
外国人の視聴者からは特に「もしもし」が大好評で、共感の声が殺到
(なお日本の方達からは「可愛いのは投稿者さん」との声が相次ぐ)。
他にも様々な意見が寄せられていましたので、一部をご紹介します。

「日本語すげーなw」 日本語にしか存在しない表現に外国人が大盛り上がり

4573573.png
[ 2022/09/22 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「世界で唯一の皇帝なのに…」 米高級紙が『バス移動』を選んだ両陛下に注目

ロンドンのウェストミンスター寺院において、
9月19日午前11時(日本時間午後7時)から、
約1時間にわたって営まれたエリザベス女王陛下の国葬。

世界中の首脳や国家元首が一堂に会するという事で、
警察官を約1万人動員するなど、最大レベルの警備体制となりましたが、
イギリス当局を悩ませたのが、賓客の移動方法。
要人500人を個別に厳戒態勢で警護するのには限界がある事から、
当局は各国に対し、バスに乗り合う形での移動を求めました。

イギリスのタイムズ紙は事前に、天皇皇后両陛下に関しては、
「専用車での移動になるだろう」と報じていましたが、
両陛下は特別扱いを固辞し、バスでの移動を選択されました。

一方で米国のバイデン大統領は、警備上の理由から、
防弾ガラスなどの装備が整った専用車列での移動を希望。
それをイギリス側も受け入れ、希望通りになったのですが、
その事に対して米メディア「BREITBART」は、
「天皇陛下でさえバスで移動した中で、
 "環境配慮"のバイデン氏は専用車で国葬に向かった」
というタイトルの記事を投稿しました。

また、米高級紙「ワシントン・ポスト」も、
各国の王族などがバス移動となった事を伝える記事のトップに、
タラップに立たれる天皇皇后両陛下のお写真を使用。
記事の冒頭で、
「天皇皇后両陛下はバス移動の案に明るい反応を見せたが、
 他の世界の指導者の中にはそうではない者もいた。
 特にバイデン大統領と他の数名が、
 自前の重装甲車で移動する事を選んだのだ」と指摘しています。

この件に対し、アメリカ人から様々な反応が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本は本当にいい国だ!」 天皇陛下を目撃した日本の高校生の反応が大反響

473735.png
[ 2022/09/21 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「世界最高の権威だ」 天皇陛下、イギリスに到着しただけで盛大にバズってしまう

イギリスを訪れていた天皇皇后両陛下は、
19日に行われたエリザベス女王陛下の国葬参列を終え、
政府専用機で帰国されました。

両陛下は沈痛な面持ちで国葬に臨まれ、
各国の王族など他の参列者とともに2分間の黙とうを捧げ、
親交の深かった女王陛下との最後の別れを惜しまれていました。

なお、国葬の前日にバッキンガム宮殿で開かれた、
チャールズ国王陛下主催のレセプションでは、
オランダのウィレム・アレクサンダー国王王妃両陛下、
ブータンのワンチュク国王王妃両陛下などとも会われ、
台風14号による被害に対し、お見舞いの言葉も受けられたそうです。

さて、今回は英王室関連の動画を投稿している、
イギリス人の方が投稿したショート動画からで、
天皇皇后両陛下が搭乗された飛行機と車列の映像とともに、
両陛下が国葬参加のために英国に到着した事を伝えています。

ただ到着の事実を伝えた短い動画なのですが、
投稿からわずか1日で再生数が300万回に迫るなど、
非常に大きな反響を呼んでいます。
「皇帝」という称号は、世界の若者たちにとって、
かなりインパクトのあるものだったようでした。

「これが日本の凄さだよ」 天皇陛下の御料車列が取った行動にタイ国民が衝撃

3473575756.png
[ 2022/09/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング