fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「もう日本以外には住めない」 米国人が語る逆カルチャーショックに共感の声

今回ご紹介する動画は日本在住の投稿者さんが、
久しぶりに母国に帰省された時に制作したもので、
現地で感じた逆カルチャーショックを紹介しておられます。

要点は以下です。

「日本人は本当に礼儀が正しい。
 特に店員の礼儀やサービス精神は見事だ。
 一方で地元では『仕事は仕事』と割り切っている人が多く、
 お店のサービスのレベルは満足出来るものではなかった。

 テーマパークに行った時のことを思い返してみると、
 我慢が出来ず、騒がしく、威張る人がおり、
 子どもたちは自由奔放に振舞っていた。
 これは日本から数年ぶりに帰ってきて初めて気づいた点だ。
 帰国してから映画館にも行った。
 映画が始まってからも劇場では話し声が止まず、
 携帯電話で会話をしてる人たちもいた。
 こういった事は、日本では絶対にあり得ないことだ」

母国の事だからこそ言える不満を忌憚なく口にされていますが、
「アメリカ人は一般的に気が良い人が多く、
 母国に帰ってこられたのは嬉しい」とも口にされています。

この投稿に、米国の人々から様々な声が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

reverse-culture-shock.jpeg





Jason in the U.S. - Ugly Americans



■ 逆カルチャーショックだね!
  自分もまったく同じような体験をしたよ。
  僕の場合は結局数年後に日本に戻った :) 日本在住
  



■ 言ってる事は分かる。
  今は小売店で、前はファストフード店で働いてたんだけど、
  もっと僕らはマナーを大事にするべきだと感じてるw アメリカ
  



■ 誰もが礼儀正しくてサービスも良い国から戻ったわけだから。
  もちろん大きなショックを受けるだろうね。 アメリカ




■ 悲しいことだと思うけど、事実なんだよなぁ。 アメリカ




■ こういう日本との文化の相違は一番分かりやすい違いの1つだよね。
  日本人の礼儀正しさはほとんどの人が指摘する点だもん。
  それからどれだけ日本人や日本という国が好きかも、
  みんなこぞって口にするんだ。 アメリカ




■ 日本帰りの逆カルチャーショックだっていうから、
  礼儀正しさの話は出てくるだろうなって思ったよ。 カナダ




■ 俺が体験した逆カルチャーショックの話をいくつか……。
  航空会社の人が離陸して2分後にいきなり乗客と揉め始めたんだ! 
  あと中西部の土地の広さにもビックリした。
  みんな巨大な庭でスプリンクラーをガンガン使ってるんだけど、
  「水の無駄遣いをやめよう」
  って各家庭に言って回りたくなったよ。  アメリカ




■ 俺は180センチあるんだけど、
  日本人から「背が高いね」って言われるのよ。
  だけどアメリカに戻るとそんなふうには感じないw 日本在住  



   ■ 180センチで背が高いって言われるの?
     日本に俺に合う洋服はあるのかな……。  スウェーデン



■ 日本に1年間滞在したあと地元に戻ったときは、
  映画館にいる人達の声の大きさにかなりのショックを受けた!
  それでも盛り上がらずに場内がシラ~としてるよりは、
  みんなで盛り上がりながら観てるほうが個人的には好きかな。
  日本だとみんな静かだから笑いをこらえちゃったりするんだよ。
  受け止め方は人それぞれなのかもしれんね。 アメリカ




■ お帰りなさい…… :/
  俺たちはそういう場面に毎日遭遇してるよ……。 アメリカ 




■ でも結局のところ、やっぱり母国は良いものなのかな?
  1週間じゃそれを実感するのは早過ぎるかもしれないが。 イギリス



   ■ まあそんな悪くはないかな。徐々に慣れてきた……。 投稿者



■ 逆カルチャーショックってそんなに強く受けるものなのか!
  すぐになくなってくれるといいけどね。
  そんな僕も5年ぶりに母国に帰った時は、
  「自分はこの国の人間なんだ」って感覚を取り戻すまでに、
  やっぱ5、6ヶ月くらいはかかっちゃったな。 日本在住




■ 俺も逆カルチャーショックにはずっと興味があった。
  こっちのお店のサービスにはガッカリするものなのか。
  日本のサービスもそんな変わらないと思うが。  独出身




■ 逆カルチャーショックってやっぱあるものだよねぇ。 アメリカ



 
■ たしかにこっちのサービスは良くないなぁ。
  本人たちもサービスを良くしたいって願望はあると思うけど。
  お客さんが来るからこそ給料をもらえるわけなんだから。 アメリカ




■ カルチャーショックってやっぱ嫌なものなの?
  他の人たちからすればケベックの人は、
  英語もフランス語もお手の物って考えられてると思うけど、
  僕はフランス人と接してる時は基本かなり違いを感じる。 カナダ



   ■ 強いカルチャーショックはまだ日本で体験したことないよ。
     色々と頭を切り替えないといけないけどね。
     物価とか気温の単位とか時差とか。 投稿者



■ まったくもってその通り!
  日本で受けられてたサービスが本当に恋しい。 日本在住 




■ 何だかんだ自国の接客も俺は好きだけどね。
  なんて言うか……みんな正直なわけよ。
  楽しくもないのに無理やりハッピーな振りなんてしないしさ。
  日本の店員さんたちも全員が笑顔でいるわけじゃないけど、
  俺たちにはない、何か責任感みたいなものを感じてるんだろうね。
  まあ俺の例は、小さな街の話だけどさ。 アメリカ




■ 君が指摘する日本との違いに同意せざるを得ない。
  日本から母国に戻った時は君とほぼまったく同じ感想を持ったよ。
  税関もナリタの職員の物腰の柔らかさと比較したら、
  かなり威圧的に感じてしまったから。
  あとカスタマーサービスの落差にも驚いた。
  まぁ客側の態度だって良くない時もあるからね。 アメリカ    




■ 礼儀に関する苦言は理解できるよ……。
  日本人は自分以外の人たちのことを尊重してくれる。
  自分が軽んじられてるように感じる事がないんだよ。
  もう日本以外の国で住むなんて考えられないよ……。 日本在住
 


 
■ 日本にはまた違ったタイプの「非礼」がある。
  例えば会社とかの組織にいる中年の男の人たちは、
  社内にいる年下の人間に対して態度が良くない。
  日本では年齢による上下関係がハッキリしてるから。
  そういう行為は日本語で"いばる"っていうんだけど、
  男女問わず日本の一定の年齢層の人たちの中には、
  店員に対してはキツイ態度を取る人もいる。 アメリカ



   ■ 確かに日本人も態度がキツくなる時があるね。
     結局どこの国でもそのあたりは一緒なんだろう。
     僕個人はそういう場面に遭遇した事はあまりないけど。 投稿者



   ■ 年上の人を敬うのって個人的には良い事だとずっと思ってた。
     昔は世界中の国にあった文化だと思うんだよ。 アメリカ



■ 投稿者さんの話をうんうん頷きながら聞いてたw アメリカ




■ 礼儀がないとかそういうことじゃなくて、
  単純に自分の気持ちに正直な人が多いだけなんだよ。 
  別にそれって悪いことではないと思うんだ。
  これは単に、文化の違いにショックを受けたってだけの話でしょ。
  それぞれの国にそれぞれの文化があるんだから、 
  違いがあるのは至極当然の事なんだよ。 アメリカ



  

こういった自国批判とも取れる動画で、
個人的にいつも素敵だなと思うアメリカ人の態度は、
「それならこっちに帰ってこなくていい」など、
そういったコメントがほとんどない事です。
様々な意見が尊重されているのが、素晴らしいと思います。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。

PC版のコメント欄は記事最下部の「コメント欄を表示」より
 PC版でコメント欄の幅が狭まってしまう場合は、
 履歴やキャッシュの削除を試してみてください。
[ 2015/01/14 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(0)





コメントポリシーをお読みになった上でコメントを投稿してください。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング