fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「欧米は日本に学ぼう」 女性が強い存在として描かれる日本アニメに称賛の声

1985年6月、「風の谷のナウシカ」を制作した出版社、
徳間書店が中心となり設立されたアニメスタジオ「スタジオジブリ」。
その名称は、サハラ砂漠に吹く熱風(Ghibli)に由来しており、
「日本のアニメ界に旋風を起こそう」
という意気込みが込められていると伝えられています。

ジブリの長編アニメはこれまで22本制作されていますが、
そのほとんどの作品で女性がメインキャラクターを務め、
主に精神的に強い存在として描かれています。
今回の翻訳元では、その点について外国人が語り合っています。
寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

「日本ではそんなに複雑なのか…」 日本語の『アニメ』の定義を巡り外国人が論戦

347684.png




翻訳元(シェアページからも)



■ ジブリの主人公がほとんど女性って、
  言われて初めて気が付いたけど、たしかに。 +7 フランス




■ 中でも私は「ハウルの動く城」が好き。
  作中でのソフィーの成長は凄く勇気をもらえる❤️ +8 アメリカ




■ 「プリンセス」を無力な存在として描いてないよね。
  そしてロマンチックな要素を絡ませない。
  僕個人としてはチヒロの幻想世界での成長が好きだけど、
  それでも最高の主人公はモノノケかな。 +49 チリ



   ■ 俺はアリエッティと「コクリコ坂から」の少女。
     彼女たちは史上最強の少女だと思ってる!
     彼女たちの精神的な強さは本当に凄い! +1 チェコ



■ ロマンスに重点を置いてない点も好き。
  時にカップルとなって終わる事もあれば、
  お互いをサポートする、単なる友達で終わる事もある。
 「主人公の女性は男性と恋に落ちなければならない」、
  という暗黙のルールに闇雲に従う事はしないんだ。
  そうなる事が理に適ってる場合だけだね。 +161 アメリカ




■ 俺もジブリ作品の女性はみんな強いのが良いと思ってる! 台湾




■ 強さというものは肉体に対してのみ使う言葉ではない。 +162 インド




■ 娘と一緒にジブリ作品を観るのが大好き。
  娘には沢山の素晴らしい女性のロールモデルを見て欲しい。
  成長する過程で困難はどうしても起きるけど、
  それを乗り越えて自分自身を見つける方法は、
  必ず存在するということを知って欲しいの。 カナダ




■ 個人的には魔女の宅急便のキキが一番好き。 +5 ドイツ




■ ジブリに登場する"シーロー"達が大好きだ! +2 アメリカ

 (※「hero」の「he」の部分を、女性を指す「she」に変えている)




■ ミヤザキは1958年公開で日本初の長編アニメ映画である、
  「白蛇伝」のヒロインに恋をした事を告白している。
  その事も影響してるのかもしれない。 +65 イギリス

海外「当時から世界一だったのか」 昭和初期製作の日本アニメが大好評




■ たしかにミヤザキ作品の主人公はみんな女性だ。
  そしてそれは美しい事だと思ったよ。 +3 アメリカ



   ■ 「風立ちぬ」から抗議の声が入りました。 +1 イギリス



   ■ 俺が知ってる唯一の男の主人公は豚だな。 +2 カナダ



■ ミヤザキ作品のヒロインがみんな大好きだ! +3 アメリカ




■ ミヤザキ監督のこのような価値観を心から愛しています。 国籍不明




■ 私は67歳のおばあちゃんだけど、
  いつも2人の孫と一緒にジブリを観てますよ❤️ +4 イギリス




■ 私はまだジブリを観た事がないんだけど、
  最初に観るとしたら何がオススメですか? プエルトリコ



   ■ 「ハウルの動く城」と「千と千尋の神隠し」。
      この2つならまず間違いないと思われる。 +7 アメリカ



■ 最後に男女の友情があるのが好きだなぁ。
  もっとマンガ、アニメ、小説もそうだと良いのに。
  男女間の友情は必ず存在すると思う。 +277 アメリカ

「ディズニーの世界だ!」 日本人男性とコブダイの25年の友情が大きな話題に




■ 特にナウシカと「もののけ姫」のサンは別格。 +4 イタリア




■ 「強い女性」がトレンドになる前からだからね。 +1 イギリス




■ 私の4歳の娘は「魔女の宅急便」のキキに憧れてて、
  一日中おもちゃのほうきに乗って"飛んで"るよ! +3 イギリス




■ 彼女たちは強いけど、男性的な格闘面での強さはないよね。
  あくまでも自己を持っているという強さ。
  違いがある事を知って欲しいな。 😆+43 +25 チェコ



   ■ でもきっと俺たちは皆もののけ姫に勝てないぞ。
     森で暮らす動物たちを守りながら戦う彼女にね。 +21 アメリカ



■ 「魔女の宅急便」は僕が人生で初めて観た、
  女性が主人公の映画だったんじゃないかと思う。
  だから自分の中で本当に特別な作品。 +6 アメリカ




■ ジブリ映画の素晴らしいところは横柄じゃないところ。
  よくある西洋のエンターテインメントとは違って、
 「このキャラクターは女性」って主張し過ぎる事もない。 +9 国籍不明




■ 女性が強く、知的で、魅力的に描かれてる。
  俺もジブリが好きな理由はその部分にある。 +83 イギリス

「日本の作品は別格だよ」 英紙『日本のアニメを真剣に観るべき理由』が話題に



   ■ キャラクターを練り上げて作ってるからだろうな。
     男性キャラを女性キャラに変更するだけっていう、
     よくあるやり方をジブリはとらない。 +4 スペイン



      ■ そう、「ただ女性にしただけ」ってキャラはいないね。
        あと典型的な女性像を投影する事もしない。
        彼女たちからは、私たちのように血が通った、
        複雑な個人という印象を受けるの。 イギリス



■ そして彼女たちの勇気のほとんどが、
  無視無欲から生まれるという事実も大好きだ。 国籍不明




■ 欧米の映画界も日本の作品から学ぼう。
  強い女性は何も、筋肉隆々ではなくて良いという事を。
  精神的に強く、現実の範囲内で肉体的な強さがあり、
  立派な振る舞いによって敬意を勝ち取り、
  時には助けを求め、親切で愛情深い。
  そんな女性をジブリは描き続けてるんだ。 +3 アメリカ





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2021/12/27 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)
最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング