fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「日本神話は最高のエンタメだ!」 日本神話の天孫降臨までの流れに外国人が熱狂

今回は日本神話の序盤、イザナギとイザナミ、
そしてアマテラスとスサノオの物語をまとめた投稿からです。

要点ながら若干長くなりますが、
日本神話の序盤が大まかに理解出来るはずです。

・元々世界は天地が分かれないカオスの状態だったが、
 その中からイザナギとイザナミが誕生した。
 2人の使命は、天沼矛を用いて世界の全てを創造する事であり、
 オノゴロ島(現在の淡路島周辺という説も)を作った。

・2人は何度か失敗を重ねながらも、日本列島を創造した。
 その後イザナミは神々を生み出すのだが、
 火の神である「かぐつち」を生む際に命を落としてしまう。

・悲しみに暮れたイザナギは、イザナミに会いに黄泉の国へ。
 暗がりの中でイザナミを発見し、戻ってくる事を懇願。
 イザナミは黄泉の国の神と会い、出られるよう交渉に。
 その間、絶対に姿を見ないでとイザナギに頼んでいたが、
 結局イザナギは待ちきれず、灯りをつけてしまう。
 そこには変わり果てたイザナミの姿が。
 恐怖を覚えたイザナギは逃げ出すが、
 それに激怒したイザナミは軍勢とともにイザナギを追跡。
 イザナギは命からがら逃げ出し、巨石で出口を塞いだ。

・黄泉の国から戻ったイザナギは自分を不浄に感じ、水辺で禊を行う。
 最後に顔を洗った際に右目からはアマテラス(太陽神)が、
 左目からはツクヨミ(月の神)が、
 そして鼻からスサノオが誕生した。

・アマテラスは天(高天原)を、ツクヨミは夜の国を、
 衝動的な性格を持つスサノオは海原を治める事に。
 
・まだ昼夜の区別がなかった時代のある日、
 アマテラスは食べ物の神「ウケモチノカミ」から宴会に招待される。
 宴会には代わりにツクヨミが出席するのだが、
 口や鼻から様々な食べ物を生み出すウケモチノカミの姿を、
 ツクヨミはおぞましいと感じ、切りつけてしまう。
 この件を機に昼(アマテラス)と夜(ツクヨミ)は、
 二度と交わる事がなくなったのだった。

・スサノオは仕事をほとんどせず、
 母であるイザナミに会いに黄泉の国に行きたいと訴えたところ、
 イザナギの怒りを買って追放されてしまう。
 
・追放されたスサノオは、アマテラスの元へ。
 しかしアマテラスは荒々しい弟のスサノオを警戒し、武装。
 スサノオは絶対に迷惑をかけない事を誓い(誓約=うけい)、
 最終的に高天原に住む事が許される。

・しかし案の定、スサノオは迷惑行為を繰り返す。
 その事に絶望したアマテラスは洞窟(天岩戸)に入り、
 その入り口を巨大な岩で塞ぎ、引き篭もってしまう。
 すると高天原も葦原中国(地上)も暗闇に覆われる事に。
 困り果てた神々は相談し合い、オモイカネが宴会を提案。
 楽しそうな様子が気になったアマテラスはついに岩を動かす。
 他の神々はその機を逃さず、アマテラスを洞窟から引っ張り出すと、
 世界に太陽の光が戻り、再び平穏が訪れた。

・光を失う原因を作ったスサノオは追放(神逐)され、地上へ。
 川岸を呆然と歩いていると、やがて1組の老父婦と、
 悲しみに暮れ泣いている娘クシナダヒメと邂逅する。
 スサノオが彼女に涙の理由を訊くと、
 このままではヤマタノオロチの生贄になってしまうという。
 クシナダヒメの美しさに惹かれたスサノオは、
 結婚を条件にヤマタノオロチの征伐へ。
 そしてヤマタノオロチにお酒を飲ませて酔わせ、見事退治に成功。
 最後にヤマタノオロチの尻尾を断ち切ろうとすると、一本の剣が。
 それが草薙剣で、のちに三種の神器の1つとなる。
 その後スサノオはクシナダヒメと結ばれ、出雲に定住。
 その子孫には、日本国を創ったオオクニヌシがいる。

・アマテラスは葦原中国(地上)の領有権を、
 自身の子孫に渡して降臨させることに。 
 武力で地上を平定したのち孫(ニニギ)を降臨させ(天孫降臨)、
 ニニギの孫で、太陽神の直系の子孫であるイワレビコノミコトが、
 日本国初代天皇である、神武天皇となり、
 日本を栄光と、勇気と、誇りの国へと導くのであった。

  

以上になります。
投稿には2900以上のコメントが寄せられるなど大反響。
近年はポップカルチャーなどの影響により、
日本神話を断片的に知っている外国人も多く、
点が線になった事で、多くの人が喜びを感じていました。

「まさか本当に実在するとは!」 三種の神器の存在に外国人から驚きの声が殺到

4574574.jpeg




翻訳元



■ ギリシャ神話、エジプト神話、北欧神話、
  そしてヒンドゥー教の神話も日本神話と同じで、
  全てはカオスと呼ばれる虚空から立ち上がってくる。
  それはかなり面白い共通点だと思う。 +274




■ 大学で日本神話のイザナギとイザナミについて学んだんだ。
  外国の神話を学ぶのってほんと面白いよね。 +11




■ 日本神話が日本のアニメやゲームに、
  ここまで影響を与えてたなんて……。
  知ってる名前はかなりあるんだけど、
  全て日本神話から来てたのは初耳だった。 +183




■ 日本神話ってネトフリでアニメ化されそうじゃない? +453



   ■ それはかなりクールだね……。
     ただし、日本のスタジオが手がけるなら。 +3



■ なんかスサノオってコメディ漫画の主人公みたい。
  トラブルメーカーだけど、最終的に超強くなるの。 +2666




■ スサノオは日本神話の中でトリックスターであると同時に、
  ドラゴンと戦う英雄でもあるのがクールだ。 +375



   ■ 日本のマンガのキャラの成長みたいだよな。 +7



■ 太陽の男神と月の女神は世界中の神話で一般的だけど、
  太陽の女神と月の男神ってパターンはないのかな。 +14

「実に日本人らしい感性だ」 夏目漱石の『I LOVE YOU』の訳し方が美し過ぎると話題に



   ■ 日本神話は限りなくそれに近いんじゃないの? +3



■ 日本の神話、最高にアツくないか? +732




■ NARUTOファンはこの動画を観て、
  ようやく合点がいった事が沢山あるだろうな。 +11000




■ アマテラスとツクヨミは涙から誕生したのに、
  スサノオは鼻水から誕生したって酷くない? +5864



   ■ ああ、俺もその格差に胸を痛めたよ。 +78



   ■ 泣く時は鼻水も出る。同じようなもんだ。 +76



■ 色々と分かった事が多かった。
  どうして日本の国旗に太陽が描かれてるのかとか。 +2

海外「日本の国旗を誇りに思う」 カンボジア紙幣に描かれた日の丸が話題に




■ ツクヨミはもっと物語に貢献出来たはず。 +38




■ 個人的に、スサノオが日本神話の本当の主人公に思える。 +122




■ 日本神話ってほんとアニメみたいだ!
  マンガ家がどこから発想を得てるのかがよく分かる! +11




■ 何でこんなに面白いのに日本神話はアニメ化されないんだ? +311




■ アニメの影響でみんな日本神話にやたら詳しいのがウケる。 +1532




■ 6歳くらいの頃かな。
  日食の時に村中の人が出来る限りの大声で叫んで、
  太鼓を叩いて大騒ぎをしてたのを覚えてるよ。
  アマテラスが岩戸に隠れたみたいに、
  何か神話的なものと関連があるのかな。 +14




■ ツクヨミが一番まともだと感じた。
  神聖な存在として、何も悪い事はしてないし。 +965




■ 日本の文化が大好きだ。
  こう見るとほとんどのアニメが日本神話の神々から、
  物語のヒントをもらってる感じだね。 +116




■ ツクヨミの人生は物悲しいなぁ。
  いつも1人でいる事が運命付けられてる。 +23




■ しかし、日本神話ってマジで面白いな。 +49




■ 自分は世界中の神話を学ぶのが大好きなんだけど、
  日本の神話が一番美しいとずっと思ってた。 +33




■ 日本とインド・ヨーロッパの神話の類似性に驚いてる。
  ただただ「WOW」としか言いようがない。 +7




■ ナルトのパワーはヒンディー教から来てるけど、
  ウチハの力は日本神話から来てたのか。 +1234

「日本人は外国の神も信仰するのか」 日本に根付くヒンドゥー教の神々に驚きの声




■ 日本の神話を見る限り、日本人はかなり昔から、
  地球が回転する球体である事を理解してたっぽいね。 +3




■ 日本の神話は美しく、そして最高のエンタメだ!
  アニメを観てる人なら内容の半分は知ってそう。
  学校もこれくらい楽しく学べたらなぁ……。 +11




■ このまま残りの日本神話も全部まとめて欲しい。 +43




■ 日本の国旗の謎が解けた……。
  真ん中に描かれているのはアマテラスだったんだ……。
  素晴らしく美しい事実だと感じたよ……。
  日本。この国は、あまりにも魅力的だ。 +22





新年あけましておめでとうございます。
これは自分の毎年の抱負でもあるのですが、
少しでも多く皆様と新しい発見を分かち合えるような、
そういった記事を出来る限り作っていきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2023/01/01 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング