fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「生まれる国を間違えた」 北欧の空手家が語る日本人と欧米人の決定的な違いが話題に

今回は、空手に関する動画などを各種SNSに投稿し、
空手に関する書籍も数冊著しているスウェーデン出身の空手家、
ジェジー・エンカンプさんが発信したメッセージからで、
日本と欧米の空手家の違いを以下のように説明しています。

「欧米人は質問が好き!?

 僕たちはしばしば、あまりにも早く答えを知りたがる。
 だけど日本では真逆だ……。
 通常欧米の生徒は、動きを実践する前に、
 『何を、何故、どのように』やるのか知ろうとする。
 そうしないと意欲が湧かないんだ。
 だけど日本の生徒は、練習を積む事で答えを見つける事を推奨される。
 これが『質問による学習』と『実践による学習』の違いだ。
 先生の役割は、生徒の質問に答えるのではなく、
 自己発見に導いていく事なのではないだろうか」


少なくともエンカンプさんは、長年空手の研鑽を積んだ上で、
日本のやり方が正解だと考えているようですが、
コメント欄には各国の人々から様々な意見が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

356353753578867.jpeg




翻訳元(シェアページからも)

最新の投稿では、スティーブン・セガールさんの稽古を受けています。



■ 本当にその通り!
  まずはやって体で覚えるしかないんだ! +3 オーストラリア




■ そう、僕もまず体を動かしてみるというやり方。
  結局はそれがベストなんだと思ってる。 ブラジル




■ 学習には「文脈」が必要だからね。
  アイキドウの練習で、ある技を何度も繰り返してると、
  ふとした時に体が何かを掴む瞬間があるんだ。
  僕が受け持っている外科の生徒たちには、
  「見るまでは見えない」と教えている。
  彼らがそのことを理解した時になって初めて、
  「それでは勉強を始めよう」と言ってるよ。 +11 アメリカ




■ 俺としては、なぜその練習をやるのかを、
  事前に理解してた方が習得が早くなると思う。
  武道の領域で日本の方がレベルが高いのは、
  説明の不足を補えるだけの高い教養が、
  多くの生徒に備わっているからなのでは? +2 カナダ




■ これはよく分かる。
  多くの欧米人は時期尚早と言えるタイミングで質問する。
  とは言え、説明が不十分な先生も多いよね。 アメリカ




■ 言ってる事は間違ってないんだけど、
  最近のカラテ道場は若い生徒さんが増えてるからね。
  日本みたいなやり方だと上手く行かないんだよ……。
  「つまらない」「楽しくない」
  「基礎ばかりで派手な技が学べない」……。
  それで諦めて辞めちゃうんだ……😥 +11 アメリカ




■ 日本の場合は、ゴールよりも道のりを楽しむ事を学べる。 イギリス




■ うん、これはかなりクールな指摘だと思う。 +2 ブラジル




■ 日本人の物事に対するアプローチは深いね。
  彼らの姿勢は、日々の訓練を単なる訓練ではなく、
  1つの長い道へと変化させるんだ。 アメリカ

「日本がまたハードルを上げた」日本人女性がキルトに革命を起こしたと話題に




■ 行きたい場所・やりたい事はいくつかあるけど、
  その1つが沖縄でのトレーニングだ。
  その夢を叶えるにはまだ道のりは長いが、
  いつか必ず沖縄に辿り着きたい。 +8 アメリカ




■ 自分はこの意見に反対。
  センセイは弟子に知識を伝えていくべきだと思う。
  そうした方が成長もはるかに早くなるよ。  イギリス




■ 欧米のセンセイにも伝統的な教え方をしてる人もいる。
  生徒に「とにかくまずやってみよう」ってね。 +2 フランス




■ 自分はキョクシンカラテのベテランだけど、
  欧米流の方がはるかに優れてるよ。
  教わってからやった方がはるかに効率的。
  ただ体を動かしてるだけじゃ時間の無駄になる。 +1 国籍不明




■ どっちにも利点がある、が正解。
  ただし、先生に質問が出来ないという環境では、
  間違ったやり方が広まる可能性もあるな。 +1 イギリス




■ これは武道を志す者にって、
  かなり示唆に富んだメッセージだ。 +15 メキシコ

海外「武道の国とは言えこれは…」 日本の武道施設の規模に外国人が驚嘆




■ 講師の教えが常に正しいってわけじゃないからね。
  自分で見つけ出す事が大切だと思う。 エジプト




■ 言いたい事はよく分かる。
  だけど欧米のやり方が間違ってるとも思わない。
  こういうのはただの違いだから。
  日本と欧米のやり方をバランスよく取り入れるのが、
  結局は一番なんじゃないかと思うけど。 +2 キューバ




■ 日本流は自己発見していくという事か。
  現代の「ブンカイ(分解)」に通じるんだろうか……。 +1 ノルウェー




■ 欧米の指導者が饒舌過ぎるのもここに理由があるとか? 
  「技術を教えて欲しいんだけどなぁ」
  って思う事が個人的には結構あるんだよ。 カナダ




■ これは私の意見だけど、欧米人が何でも訊き出そうとするのは、
  「高い授業料を払ってるんだから」
  っていう考え方が根底にあるからなんじゃない?
  生徒はお客で、センセイはサービス提供者。
  日本だと月謝がそこまで高くないし、 
  道場は毎日開いてるところが多いの。 国籍不明




■ 俺は生まれる国を間違えてしまった。
  日本みたいに兎にも角にもまず動くってスタイルが好きなんだ。
  やってみなきゃ掴めない事ってやっぱあるから。 +4 アメリカ




■ もっとバランスのとれた教育方法があるべきなのでは。
  あるクラスではやり方や理由を説明する。
  あるクラスではみんな黙って稽古するって具合に。 +7 アメリカ

「そりゃあ日本に勝てない訳だ」 日本の学校教育のあり方に世界から賞賛の声




■ いいね!
  時にはセンセイの言葉を理解するのに数年かかる事もある。
  そしてだからこそカラテというものは、
  その人にとって人生そのものになり得るんだ。 +7 国籍不明




■ 「先生の役割は質問に答えるのではなく、
   自己発見に導いていく事である」

  あなたのこのメッセージが大好きだ。
  いつか生徒に言うために温めておく。 +19 オランダ




■ アメリカン・ケンポウの道場だと、
  生徒はむしろ訊く事を講師から奨励されるな。
  そうやって動きの原理原則を学んでいく。 +2 アメリカ




■ この違いは確かにそうだ。
  自分は欧米スタイルの方が好きだね。
  それでジュウジュツを自分のものに出来たから。 コロンビア




■ ここでアリストテレスの箴言を。
  「学習は子供の遊びではない。
   我々は苦痛なしに学ぶ事は出来ない」 +2 オーストラリア




■ 欧米と日本の差はまさにこれ。
  あなたは素晴らしいメッセージを発信してくれた。 +10 イタリア




■ 日本で暮らして訓練した自分の経験だと、
  とにかく訊かないという事が鉄則だった。

  でもね、日本人はこの惑星で最も親切で、
  寛大な人たちである事もその時に分かったよ。
  日本文化と日本人の事が大好きになったもん。 +19 アメリカ

海外「日本人の親切さ」 来日した外国人が良い意味で驚いたこと 




■ だけど現実として、欧米の方が優秀なアスリートを輩出してる。
  有用な基礎の極意を生徒から隠す事は、
  どんな分野でも進歩を遅らせるんじゃない? +2 アメリカ




■ カラテを始めたばかりの頃は、頭で考えすぎてた。
  そのせいで結果疲れてしまったんだけど、
  今はリラックスして、辛抱強く、ただ体を動かす事を学んだ。
  センセイが何年も前から口にしていた、
  「学ぶために理解する必要はない」
  という言葉の真理がようやく見えてきたよ。 +7 アメリカ




■ 僕が担当してる数学や理科の授業でもそう😆
  生徒には自分たちで考えてほしい。
  ただ、良い質問をするという事も、
  かなりのスキルが必要なんだよね! +4 国籍不明




■ 基本的な教育理論では、学習スタイルにはいくつか種類があり、
  どれが適しているかは個々の生徒に拠るらしい。
  文化的な違いも考慮しなくてはいけないだろうね。
  そして、カラテが得意だからといって、
  自動的に良い指導者になれるとも限らない。
  指導者側も、教え方を学ぶ必要があるんじゃないかな。 +75 イギリス





どちらも正解と言うべきか、正解はないと言うべきか……。
あくまでもここでの意見に対する自分の印象ですが、
"日本派"は空手を文字通り「道」だと考えていて、
"欧米派"は競技だと考えているのかなと感じました。
「(欧米では)生徒は客で、先生はサービス提供者」
という意見も、核心を突いているようで面白かったです。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/04/18 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング