fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「欧米人には衝撃的だった!」 日本アニメの先進的な女性の描き方をNYT紙が大特集

今回は、米紙「ニューヨーク・タイムズ」の、
「複雑なヒロイン」を描く日本アニメに関する特集記事から。
今年6月に紙面にも掲載している記事なのですが、
よほど反響が大きかったのか、今日になって、
フェイスブックのトップページで改めて紹介しています。

早速ですが以下が要点です。

「映画における女性の描写をめぐる議論が広がっている昨今だが、
 日本のトップアニメーターたちは長年にわたり、
 アメリカのアニメーターたちよりも重層的で、
 複雑な女性のヒーローたちを生み出してきた。
 彼女たちには強さや才能だけではなく、
 欠点や弱さ、怒りなども抱えているのだ。
 
 例えば「竜とそばかすの姫」の主人公すずは、
 亡くなった母親を偲ぶ一方で、
 川で溺れていた名前も知らない子供を助けるために、
 自分の命を犠牲にした母親に対して怒りも抱えている。
 アメリカのヒーローの場合、いなくなった両親に対し、
 思慕の念を覚える事はあるかもしれないが、
 深く、複雑な感情は表現しない。

 「君の名は。」の三葉は、いくつかのディズニー映画のような、
 自分の王国を守るために冒険をするお姫様ではない。
 家族や友人を致命的な脅威から救おうとする、怯えた少女だ。
 知性と決断力で恐怖を克服し、何百人もの命を救おうとする。
 他の女子高校生であっても、三葉と同じ事は出来る。
 救世主となるためには、超能力は必要としないのだ。

 複雑な女性ヒーローを求める傾向は、アニメでは目新しくはない。
 「千と千尋の神隠し」の千尋は当初、
 思春期特有の、足の細い不機嫌な少女であったが、
 試練を経る事で強さと勇気と愛を開発し、
 映画の終わりには、自信に満ち溢れ、
 他人を思いやる事が出来る女性へと成長している。

 高畑勲監督の「おもひでぽろぽろ」では
 人生の岐路に立つ女性の姿が控えめに、感動的に描かれ、
 今敏監督の「千年女優」では、自分自身で決断を重ねた、
 自立した女性へと成長する女性の姿が描かれている」


そして記事の最後に、近年の日本のアニメ業界では、
プロデューサー、作家、音楽家など、
重要な役割を担う女性が増えていると指摘。
そうした人々の活躍が、少女や女性の描かれ方に、
影響を及ぼしているとしています。

この投稿に、NYT紙の読者から様々な反応が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本に負けたのも当然だ」 女性も大活躍する日本の漫画界の特殊性が話題に

74674.png




翻訳元(シェアページからも)



■ 基本的に日本で作られるアニメは、
  あらゆる面で米国のアニメーションを凌駕してるよ。
  映画じゃなくて一般的なアニメでもそれは変わらない。 +8




■ 全ての争いごとを容易に解決しなくても、
  強い女性キャラクターは表現出来る。
  日本はその事を理解してるのよ。 +8




■ うん、記事で言われてる事はその通り。
  だけど「竜とそばかすの姫」に関しては、
  例としてそこまで納得出来るものではない。




■ 日本ではアニメーターの賃金が低く、
  両親も子供の就職先としては反対してるという現実もある。



   ■ それはアニメ業界の伝統的なものが理由だよ。
     資本主義はそこに関与していない。
     色々とあるだろうがそれでも日本からは、
     黄金の価値を持つ作品が生まれる。



■ 「もののけ姫」のサンと「千と千尋の神隠し」のチヒロ。
  あと「進撃の巨人」のハンジ、サシャ、ミカサ。
  私の大好きな女性ヒーローたち❤️❤️❤️




■ 「セーラームーン」こそこの記事に相応しい❤️




■ 1979年の時点で日本アニメの女性は複雑に描かれていた。
  NYT紙が時代に追いついてくれて嬉しいよ。 +3

「日本は世界の遥か先にいた!」 30年前の日本アニメのワンシーンに欧米人が衝撃




■ たしかにアニメーションに関してはそうかもしれない。
  だが日本にジェニファー・ローレンスのような、
  偉大な女優さんはいるかな?




■ こういう変化は歓迎すべきだね。
  というのも私が昔観てたアニメだと、
  女性のキャラクターは複雑さがなくて、
  感情を大声で伝えるようなタイプが多かったから。 +2




■ そう、日本アニメは複雑な女性キャラを生み出してきた。
  一方で行動はシンプルである事も多い。 +1




■ うーん、この記事の内容はどうだろう。
  日本のアニメにも米国のアニメーションにも、
  良いヒロインと悪いヒロインはいるものでしょ。




■ 美しい作画とミュージカルタイプの作品が好きなら、
  「竜とそばかすの姫」はかなりオススメ。
  この映画が大好きなんだよね! +20




■ 女性が重層的に描かれているという点では、
  「呪術廻戦」もエクセレントな例だと思う。 +8




■ スタジオジブリの映画は傑作ばかりだし、
  ディズニーとかよりずっと前から、
  強い女性を主人公にしてきたよね。 +35

「アニメは現実を描いてる」 日本のアニメとディズニー作品の決定的な違いに外国人が爆笑




■ 「攻殻機動隊」の「草薙素子」が良い例じゃないかな。




■ 「チェンソーマン」のマキマとかもそうだな。




■ 日本アニメの女性キャラクターに関して一番素晴らしい点は、
  男性と同じ事をしようとしないという点だね。




■ 「竜とそばかすの姫」はどうだろうなぁ。
  「おおかみこどもの雨と雪」と、
  「時をかける少女」の方が例として適切だと思うが。




■ 女性たちが最も輝いてるアニメシリーズは、
  やはり「セーラームーン」だと思います。




■ 僕がパッと思いついたのは「鋼の錬金術師」だね。
  最強の女性キャラを揃えてる。
  まぁ彼女たちは主人公ではないが。 +3



   ■ 「鋼の錬金術師」に関しては、
     原作者が女性というのは影響してるだろうね。



■ 日本にもアメリカにも良作も駄作もある……。
  とりあえず実写化に関してはどちらも得意ではないな。 +15



   ■ それでも日本の方が上なのは多分間違いない😂 +4



   ■ だけど多くの国が優れた実写映画を作ってるよ。
     その多くはオリジナル脚本という特徴がある。



■ アニメのキャラクターたちに関しては、
  何百話にもわたって描かれる事で、
  深みを増していく事が多いと感じてる。
  作家が時間をかけて肉付けしていくんだ。
  一本の映画で深みのあるキャラクターを作るのは、
  なかなか難しい事なんじゃないだろうか。




■ 80年代に「風の谷のナウシカ」を観て、 
  主人公に夢中になったのを今でも覚えてる。
  素晴らしい知性と運動能力、
  勇猛な戦いぶり、感情的な複雑さ、
  世界を救おうとする女の子のキャラクターという設定は、
  欧米人の僕には衝撃的だったんだ! +3

「そういう事だったのか!」 日本人と欧米人の決定的な違いが分かる画像が話題に




■ 色々な国の作品を観ているけど、
  自分の国は女性に厳しいと言わざるを得ない。




■ 日本のアニメは遥か昔から、
  深みのある女性キャラクターを描いてきたわけだが……。




■ 日本の場合、作り手は自分たちの考えを押し付けず、
  その代わりに視聴者の声に耳を傾けている。




■ こうして日本との差が生まれている理由は、
  日本ではアニメーションが1つのジャンルではなく、
  メディアとして受け入れられてるからじゃないかな。
  どこの国も、日本のような環境を目指すべきだと思うね。 +8





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/12/22 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング