fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「世界よ、これが日本だ」 今年も日本だけ映画ランキングが世界的に特殊だと話題に

2022年最後の世界的な話題作として、
多くの国で今月16日より公開が始まった、
「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」。

同作品は、2009年に公開されると地球規模のヒットを記録し、
今も世界歴代興行収入1位に君臨する「アバター」の続編。
言うまでもなく日本国内でも期待は非常に大きく、
国内史上最多となる1466スクリーンで上映されたのですが、
残念ながら公開週の週末動員ランキングでは、3位。
1位は「THE FIRST SLAM DUNK」(公開3週目)、
2位は「すずめの戸締まり」となり、
2つの日本製アニメ映画の動員数には及びませんでした。

一方で海外では、公開された全ての国と地域(135)で首位に。
文字通り世界で唯一日本だけで1位を取り損ねたわけですが、
恒例のこの現象をハフポストなど海外メディアも取り上げており、
多くの外国人に驚きを与えています。
寄せられていた反応をまとめましたので、ごらんください。

「日本には傑作が多すぎる!」 米サイト選出『日本映画歴代ベスト40』が話題に

34634_202212231243104d2.png




翻訳元



■ 「アバター」が1位を獲らなかった?!
  何で、って言うか、どうやって?




■ うん、日本では予想外に興行収入が低いらしいね。
  だけどその理由は誰も分かっていない。 +25




■ しかも1位になった「スラムダンク」は3週目。
  その事実は特筆すべきだと思う。 +91




■ スラムダンクに負けたなら仕方がない。
  アニメ史において最も人気のスポーツアニメの1つだし。




■ 理由はよく分からないんだけど、
 「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」(※1月公開)も、
  日本では評判が良くなかったみたいだ。
  日本人はアメリカのコミックブックの実写化に、 
  そこまで興味がない事は知ってたけど、
  スパイダーマンに関しては昔からど定番だし、
  上手くいくはずだったんだけどなぁ。 +24



   ■ 日本人はシリーズ物を観る際には、
     それぞれの関連性を重視するからね。
     ノスタルジーに対する独特の考え方もある。
     過去に戻ると言うよりも、
     過去に感謝するという感覚なんだ。 +15



■ アニメが突如として世界的人気になった事で、
  日本は米映画より自国の作品を応援するようになったのでは?
  それはそれで意味があるし、間違ってない。 +16



   ■ とは言え日本の今年の年間興行収入トップ10のうち、
     5本がハリウッド映画なんだけどな。
     自国を応援しようとかそういう意識はなくて、
     単に好みの問題なんだと思うわ。 +17



      ■ 日本人はかなり賢い国民だから、
        彼らの判断は信頼に値するものだと思ってる。 +4



■ 「日本だけ」ってタイトルを読むだけで面白いもん。 +7

海外「日本の方が合理的だ!」 洋画の邦題が世界的に特殊すぎると話題に




■ つまりマンガを原作とするアニメが1位になったわけだが、
  「スラムダンク」は日本では本当に重要な作品なんだよ。
  1位になるのは最初から決まってた事なんだ。 +1




■ まぁ3時間スクリーンセーバーみたいな映画を観ても、
  もったいないだけだしな。 +7




■ 俺たちが作った映画よりも、マンガやアニメが好き。
  単純にそれだけの事なんじゃないの。




■ 実は「アバター」は米国でも興行収入そこまでじゃないんだよ。
  だけど世界的にはかなり人気みたいだね。
  良い映画だったから嬉しいよ。

 (※北米では先週末の3日間で1億3400万ドル(約183億円)。
   むしろ良い数字だが、それでも予想は下回った。)




■ 個人的には今回の「アバター」は、
  万人向けの作品ではなかったんだと思う。
  でもそのおかげで静かに観られるからいいけど。 +3




■ 結局は同じようなストーリーラインだから、
  それを日本人は嫌ったんじゃないのかな。




■ 「アバター」は9歳の子供から72歳の人まで、
  私の周りのグループでは大絶賛されてる! +3




■ 俺の中で日本への信仰心は高まるばかりだ……。




■ なんか色々と面白すぎて、
  自分でも何がそんなに面白いのか混乱してるわ。 +10




■ ただ、東京で一番大きな映画館の東宝だと、
  自分が観に行った日の夜の上映は完売だった。 +16



   ■ 通常大都市では早く売り切れる傾向にある。
     東京は日本の全てではないよ。 +2



■ 記事タイトルは「とあるバスケットボールアニメに……」ってあるけど、
  「スラムダンク」こそバスケアニメの代名詞だから。 +224

「日本はさすがだw」 東京五輪 各競技のBGMも日本らしさ満載だと大きな話題に



   ■ 90年代から00年代にかけては日本だけじゃなく、
     中国の全ての若者に影響を与えたからね。
     いや、「全て」は全然大袈裟じゃなくて、
     本当に全ての中国の若者がハマった。 +12



■ 信じられない!
  日本でこそ大ヒットするような作品だと思ってたのに! +2



   ■ 日本ではアメリカのハリウッド映画よりも、
     自国の映画の方が強いんだよ。



■ 「アバター」第1作は日本で1億7000万ドル以上稼いだ。
  日本では面白いと評価されれば徐々に伸びていくけど、
  それにしても今回の出だしは酷いね。 +50




■ ぶっちゃけ「アバター」の1と2を足しても、
  「スラムダンク」の方が上でしょ。 +22




■ 日本に3年住んで分かったんだけど、
  日本の映画チケットの値段はアメリカよりはるかに高い。
  だけど基本的に、売店の商品の値段はかなり安い。 +8




■ あっ、何だ日本の話か。それなら変じゃないです。

「日本では普通だけどねw」 女子留学生が対面授業の初日に受けた衝撃に共感の声




■ 世界よ、これが日本だ。
  まぁだいたいからして最近のハリウッドの超大作って、
  日本ではほとんど無視されてるような状態だからな。
  とは言え前作の半分も稼げてないのは尋常じゃないが。 +21



   ■ このままだと最終的には2割にも届かないかも! +15



■ 日本人が自国の作品に愛着があるという事実が大好きだ。
  現代ではなかなか珍しい事だからね。
  彼らはアニメを本当に誇りに思い、愛してるんだよ。 +37




■ 日本のこの謎の興行収入は、
  おそらく「アバター2」の制作陣にとって
  最も混乱し、ショックを受けた事実だろうな。 +23





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/12/23 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング