fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「日本人には憧れの国がないんだよ」 米紙が指摘する日本人のハリウッド離れが話題に

今回は、米紙「ワシントン・ポスト」が掲載した、
「日本人に見捨てられたハリウッド」に焦点を当てた記事から。
早速ですが、以下が要点になります。

「1980年代後半から1990年代前半にかけて、
 ハリウッドスターが日本のCMに登場するという、
 不思議な現象が起きていた。

 しかし近年世界に名を馳せるスターが日本で起用される事はない。
 最近でもジョニー・デップが起用されたように、
 決して日本企業にお金がないわけではない。
 日本人はハリウッドにかつてのような魅力を感じていないのだ。

 世界第3位の映画産業である日本では、
 何年も前から米国映画のシェアが低下していたが、
 パンデミックによってさらに悪化しており、
 2022年の興行収入上位5本のうち4本は邦画で、
 ハリウッド作品は80年代を彷彿とさせる、
 『トップガン・マーベリック』のみである。

 日本は自由市場であり、イデオロギーの影響ではない。
 また、日本はパンデミックの最中にあっても、
 映画館がオープンしていた数少ない国であり、
 パンデミックの影響でもない事が分かる。

 日本の観客は米国作品の代わりに国内映画を好むようになった。
 日本は『アバター』が初登場1位を取れなかった、
 世界で唯一の市場だと言われている。
 日本の観客の嗜好の変化の理由は1つではないが、
 国産映画の質の向上が理由の1つである事は確かだろう。

 今はディズニーのヒット作ですら苦戦をしているようだ。
 『アナと雪の女王』は日本で全体の2割を売り上げたが、
 近年の作品では失敗が続いている。
 過去のリメイク作品はヒットしている事から、
 日本の観客を映画館から遠ざけているのは、
 手間ではなく、作品の質である事が分かるだろう」


以上になります。
記事の後半部では、日本映画界の成功を称賛した上で、
日本のコンテンツは世界中でファンを獲得し、
特に欧米でその勢いはさらに増しているのにもかかわらず、
欧米人を主な視聴者として見做していない事などから、
大きな機会損失をしているという苦言も呈されています。

この記事に、外国人から様々な反応が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本は圧力に屈しなかった」 アニメが欧米を席巻する理由にBBCが迫り話題に

screenshot 33




翻訳元(シェアページからも)



■ 日本人の嗜好って少なくとも10年前からこんなものでしょ。
  だからニュースとは言えなくない? +6




■ 最近のハリウッド映画は微妙なのが多いからなぁ。 +25



   ■ 日本のエンタメ作品だって同じようなもんだろ。 +10



■ 最近のハリウッド映画はエンターテインメントじゃなくて、
  製作者側の意図がふんだんに盛り込まれてるから、
  それで日本人には倦厭されてるのかも。 +23



   ■ アメリカでもそうだね。
     外国の映画やドラマの人気が高まってるのは、
     そういう面が関係してるのかも。 +1



   ■ そうとは思えないな。
     ほとんどの日本人はそういった欧米の問題には、
     全く気づいてないという現実があるから。



■ 「ハリウッド映画」って言うけどさ、
  今はアメコミヒーローの実写版ばかりじゃん。
  もうさすがに飽きちゃったよ。 +5




■ こういうのはいい傾向だと思う。
  ハリウッドに映画産業を独占させるべきではない。 +42




■ 他の世界より日本人の方がセンスがいいのさ。 +3

英国「日本人には本物が分かるんだよ」 BBC 英国製の革靴を愛する日本の人々




■ この現象を知って、
  「日本人の方がセンスが良くて、いい映画を作るからだ」
  と言う人たちが出てくる前に言いたい。
  まずは今の日本の映画産業を支えている、
  多くの実写化作品を観てからそう言っていただきたい。 +33



   ■ 国内市場に限界があるのであれば、
     様式化されたアニメーションを作るのは得策だ。
     それは米中以外の全ての国に言える事だけど、
     日本以外の国は実写映画を作って、
     なんとかやりくりしてるんだろう。 +13



■ 「アバター」に関しては上映時間が長過ぎる(※3時間12分)。
  日本で人気が出なかった理由はそこだと思う。 +12




■ 日本の若い子から聞いた話だと、パンデミックの影響で、
  プロジェクターを使って、美味しいものを食べながら、
  家で観る家庭も増えてるみたいだよ。 +9



   ■ その傾向は前からでしょ。
     父親は20年も前に映画館はなくなるって言ってた。 +1



■ とりあえず4DXには操作パネルをつけよう!
  ガンガン動くからムチウチになりかけたわ。 +1




■ だって日本だとIMAX3Dが3000円だよ?
  さすがにちょっと高過ぎるでしょ。 +24

「日本は最高だな」 日本で骨折したフランス人女性の医療費に海外から驚きの声



   ■ 別に日本の映画館のチケット代は、
     ハリウッドが決めてるわけじゃないからなぁ。



■ だけど日本の実写映画も熱いんだろうか?
  自分が確認した限りハリウッドの実写映画の方が、
  今のところはまだ日本の実写映画より成績がいい。
  アニメが邦画も洋画も圧倒してるけど。 +9




■ 日本人がハリウッドを捨てているというか、
  日本でハリウッド映画は不利だから。
  アメリカや他の多くの国とは違って、
  日本では複数のスクリーンがあるシネコンは、
  日本の映画スタジオが所有してるんだよ。
  どういう映画が優先されるかは明白だよね? +15




■ 「アバター2」はわずか14日間で、
  2022年に日本の映画産業が稼いだ額を超えた。
  日本は世界的に大きな市場かもしれないけど、
  北米や欧州とかで収益が上がってる中で、
  日本人の好みに合わせようとはならないはず。 +17



   ■ だけど「アバター」と「トップガン」以外、
     ハリウッド作品は世界的に散々だよ。 +2



■ 単に「アバター」より「スラムダンク」が優先ってだけ😊 +16




■ 実際日本のアニメの方が面白いからなぁ。 +11




■ ハリウッドは最近革新的な事をやってないもんね。 +3



   ■ それは明らかに間違った見方だな。 😝+2



■ そもそもとして日本人は、
  映画館より家で観る方が好きという前提がある。 +3




■ 「スラムダンク」や「トップガン」が人気って、
  要は若い人はあまり映画を観ないって事なんだろう。
  どっちも自分を含め、中高年には懐かしいタイトルだ。
  肌感覚としても映画館は高齢者が多い。
  自由な時間とお金があるからね。 +8




■ 今やハリウッドは昔の映画のリメイクや、
  小説とかアニメとかの実写化ばかりだから……🤷🏽‍♀️ +7




■ ここ日本では今、脱グローバル化が進んでる。
  皮肉な事に日本の多くの大学は、
  「グローバルスタディーズ」などと呼ばれる学科を開設し、
  自分が勤めてきた高校の校長による、
  過去15年間の卒業式のスピーチは、
  すべてグローバル化に関するものだった。
  だけど最近になってその流れは突然一巡してしまった!
  世界で原油高やインフレが起きたりしたし、
  もはや日本人には憧れる安全な国がないんだよ。
  海外に求める事がなくなってきている。
  逆に、外国からは日本文化を学びに人が集まる。
  アニメはその恩恵を一番受けてるだろうね。

「日本人は幸せだね」 なぜ日本の若者は海外を目指さないのだろうか?




■ 内容が面白ければ日本人も観に行くんだって。 +4




■ 東京の映画館では3DIMAXの「アバター2」のチケットが、
  数時間で全部売り切れになってた。
  基本、日本はいつもバランスが取れてるよ。 +2




■ 日本では前からだよね。
  もちろんハリウッド映画も人気があるけど、
  同様に日本の映画も人気があるんだ。
  「名探偵コナン」のアニメ映画が、
  「アベンジャーズ」を破った事だってある。
  「アバター」も世界中の人が観てるように、
  日本人だって興味は持ってるんだけど、
  「スラムダンク」の方が優先って事なんだよ。 +10




■ ハリウッド映画は日本だけじゃなくて、
  どこの国でも低迷期に入ってるでしょ。
  「現代の観客」に向けたメッセージを押し付けるのをやめて、
  「エンターテインメント」に立ち返らない限りは、 
  今の状況は変わらないと思うね。 +14





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。

[ 2023/01/07 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(0)



コメントポリシーをお読みになった上でコメントを投稿してください。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事




ブログパーツ アクセスランキング