fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「なぜ女性は舞台に立てないの?」外国人のイメージを覆す最新の歌舞伎に様々な声が

1603年に京都で出雲阿国が始めたかぶき踊りが始まりで、
江戸時代に変化をしながら発展していった「歌舞伎」。
「かぶき踊り」は主に女性が踊っていた事から、
「歌舞する女」の意味で「歌舞妃」や「歌舞姫」、
「歌舞妓」などの表記が当時は用いられ、
現在の「歌舞伎」表記は、近代になり一般化しました。

誕生から400年以上が経った今、
伝統を守りながらも進化を遂げており、
3月4日からは、世界的人気を誇るRPG作品を歌舞伎化した、
「新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX」が開幕。
YouTube上にはユウナ役の中村米吉さんが舞う、
「異界送り」の映像が公式によりアップされており、
伝統芸能とゲーム作品の融合という斬新な発想に、
外国人から絶賛の声が相次いでいます。

一方で、歌舞伎の舞台には男性しか立てない、
という伝統についても繰り返し議論が生まれ、
その点に関しても様々な意見が寄せられていました。
外国人の反応の一部をご紹介しますので、ごらんください。

「みんな相撲に夢中だった」 80年代の英国で大相撲が大流行した事実が話題に

screenshot 21




翻訳元





■ また1つ絶対に日本に行かなきゃいけない理由が! +3 アメリカ




■ オーマイガーッ!
  "彼女"、ユウナにそっくりじゃん。凄い再現度!😳 アメリカ




■ 私は素晴らしい解釈だと感じた。
  周囲に現れる魂の表現も本当に素晴らしい! +12 イタリア




■ だけどユウナが男性のように見えるんだが……。 😆+3 アメリカ



   ■ だって男性だもん。
     カブキはどの役も男性の役者が演じるんだよ。 +15 アメリカ



■ 感動のあまり震えがきた😭
  いや、泣いてなんかいない、泣いてなんかいないぞ。 +4 アメリカ




■ 演者は男性? それとも女性?
  女性だとしたら、今は女性もカブキの舞台に立てるの? フランス



   ■ カブキの舞台に立てるのは今でも男性だけ。
     「ヨネキチ」はその名と伝統を受け継ぐ長い歴史を持つ、
     ハリマヤの出身として知られてるよ^^ +2 アメリカ



■ いや、これはホントに鳥肌ものだ。
  演出も見事だし、機会さえあれば絶対に観たい。 +50 アメリカ

「鳥肌が止まらない!」 和太鼓とジャズの融合がカッコよすぎると話題に




■ 自分の子供時代が蘇ってきた。
  ノスタルジックな感情が押し寄せてくる……。 +14 フランス




■ オーマイガーッ。
  ママとパパを連れて行ってあげたら絶対喜ぶ。 +2 アメリカ




■ アメージングだったよ。
  FF10は時代を超越してる事がよくわかる。
  音楽も傑作ばかりで、中でも「ザナルカンドにて」は、
  自分の葬式で流してもらう予定だ。 +12 メキシコ




■ カブキが伝統的なものなのは知ってる……。
  だけど元々女性が作り上げた文化なのに、
  ユウナを演じるのが男性なのはとても悲しい。 +1 イギリス



   ■ 昔の物語や化粧や衣装を見るのは美しい体験だけど、
     カブキはまさに現代の演劇でもあるわけだからね。
     いつかタカラヅカとカブキのコラボで、
     男女のキャストが入れ替わるなんて事もあるかも。 フランス



■ 私はタカラヅカの「セーラームーン」も大好きだった。
  FF&カブキというアイデアも最高! +3 アメリカ

「時代の先を行っていた」 全米の女性に希望を与えたアニメを米公共放送が特集




■ 日本は行きたくなる理由を次から次へと生み出すな。 +11 カナダ




■ 彼自身も、舞も本当に美しかった!!!
  またFF10をプレーしたくなっちゃったよ。 +2 スペイン




■ 興味深いなぁ。日本にいたら絶対観に行くのに。
  ヨーロッパでもこういう公演をもっとやってくれ! +16 スイス




■ あんな素敵な舞台を生で見たら卒倒してしまうかも❤️🥺 ノルウェー




■ なぜ原作に則って女性の演者を見つけなかったの? 香港



   ■ そういう伝統としか言いようがない。
     面白い事に日本では女性だけの劇団も人気だ! アメリカ



   ■ 逆にタカラヅカ歌劇団みたいに、
     男性が入れない劇団も日本にはあるよ! アメリカ

「このアニメは人類の宝だ」『ベルサイユのばら』が仏革命記念日にイタリアでトレンド入り



■ カブキという日本の伝統さえよく知らないのに、
  知日家ぶる人が多くてビックリするわ。 +45 イギリス



   ■ 日本在住の外国人に「ブンラク(文楽)」について、
     説明を要する機会が何度もあって辟易する。 アメリカ



■ ちきしょう、何で俺は今日本にいないんだ! +9 イギリス




■ FF10の中でも一番胸を打たれるシーンだよね。
  私は何度もこのゲームをやってきたのに、
  今でも感動してしまう。 +10 ノルウェー




■ 催眠術をかけられてるかのような気分になった。
  ベルギー周辺で公演してくれたら絶対行くのに! +11 ベルギー




■ あの役を若き日のバンドウ・タマサブロウがやっていれば、
  きっとそれも素晴らしいものになったはず……。 カナダ




■ 自分の葬式であの踊りを披露してくれたら、
  もう思い残す事はないはずなんだ😢 +3 マレーシア

「神道特有の宗教観なんだよ」 犬型ロボットの葬式を行う日本社会に驚きの声




■ 個人的にこういうコラボは必要がないと思う。
  カブキはこのままでは滅びゆく文化だから、
  ファンを増やそうと若者に迎合したんだな。 😆+4 アメリカ



   ■ そういうコメントも必要ないと思うけど。
     人に楽しんでもらえるならそれでいいじゃない。
     こうして美しいものがカブキを通して復活した。
     理由はなんであれ素晴らしい事でしょ。 +21 アメリカ



■ カブキは1600年代に女人禁制になって以来、
  伝統的に男性だけの舞台になっている。
  現代では女性の演技が禁じられてるわけではないが、
  それでもやはり男性が全て演じるのが普通になってる。
  カブキは元々は女性だけのものだった。
  しかし演者達は一般的に春をひさいでいた傾向もあり、
  さらにその演技があらゆる経済層に受け入れられたため、
  階級の混在を生み出す事になってしまった。
  それを将軍家は嫌がったんだね。
  権力維持のためにも、階級社会の崩壊は避けたかった。
  それでも日本人はカブキを愛していた。
  なんとかカブキという文化を残すべく、
  男性だけで行うようになっていったんだ。 +65 アメリカ




■ 本当に美しい!
  もし生で見たらきっと涙しちゃうと思う。
  このスペクタルを堪能出来る人が羨ましい! +39 スペイン語





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。

[ 2023/03/05 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(0)



コメントポリシーをお読みになった上でコメントを投稿してください。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事




ブログパーツ アクセスランキング