fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「日本は歴史の長さが違う」 なぜ白黒の日本の漫画に世界は勝てないのだろうか?

ストーリーの面白さや作画の美しさなど、
様々な理由から世界中で愛されている日本の漫画ですが、
外国のコミックはカラーが主流であるのに対して、
日本の漫画は白黒(モノクロ)が一般的です。

その背景には、日本のマンガには週刊連載の作品が多く、
アメコミ等に比べ1話のページ数が多いため、
毎回カラーにするには時間も費用もかかり過ぎてしまうなど、
日本ならではの様々な事情があると考えられています。

今回の翻訳元では、「モノクロで単調な日本の漫画は、
(カラーが一般的な)外国の作品に追い越されるだろう」
とするデジタルコミックのファンによる意見が取り上げられ、
その上で、日本の漫画の優位性が論じ合われています。
寄せられた意見の一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本に負けたのも当然だ」 女性も大活躍する日本の漫画界の特殊性が話題に

screenshot 91




翻訳元(シェアページからも)



■ 個人的には白黒が好きだな。
  日本のマンガには色がないけど、それでも個性では一番だ。 +2




■ カラーにするってなると、
  1ヶ月に1話ペースじゃないと難しいでしょ。 +2




■ 日本のマンガは白黒でも細部までこだわってる。
  背景を工業的な方法でコピペしてる方がいいとでも? +2




■ マンガはコミックの祖父みたいな存在だから。
  さすがに比較は出来ないよ。 +7




■ 個人的にはモノクロはきつい。
  自分みたいな人が他にいるか分からないけど、
  どうしてか集中して読めないんだよ。




■ 参考の絵(*本記事最上部の画像)を見ても分かるように、
  白黒には独自の美しさがあるからね!
  もちろんカラーも好きなんだけどさ。 +2




■ 日本のマンガは別次元にある。比較する必要はないさ。 +6




■ マンガは確かにモノクロなんだけど、
  それでも一人一人描き方が違って個性があるからな。 +9



   ■ 日本のマンガは今世界を席巻してる。
     だけど崇め奉るのは違うと思うんだ。
     マンガにだって他の作者から影響を受けてる事が分かる、
     絵柄が似通ってるケースは多いよ。 

「日本の影響は明らかだ」 アニメ『人魚姫』とディズニー映画の類似性が話題に



■ だって白黒で十分表現出来ちゃうんだもん。 +22

 344534355_155267354138585_2673269053613652435_n.jpeg




■ 前提としてアートについては人それぞれ好みがある。
  その上で、白黒の利点は2色しかない色の濃さを調整する事で、
  細部を容易に強調出来るという事なんだ。
  逆にカラーの利点は絵がより鮮やかに、魅力的になる。
  白黒よりも強烈な印象を与える事が出来るから、
  作家は線よりも色の調整に重点を置いて訓練する。 +7




■ 白黒がいいとかカラーがいいとかって問題じゃなくて、
  単純に日本のマンガの方が面白いし多様性があるでしょ。 +17




■ マンガがカラーになっちゃったら、
  他の国は手も足も出なくなっちゃうじゃん。 +31



   ■ そもそもコストがかかり過ぎて現実的じゃない。
     自然と価格も高くなるし買う側もメリットがない。



■ マンガにはあらゆるジャンルの作品が存在してて、
  作画は美しく、作者はストーリーに情熱を注ぐ。
  一般的に日本のマンガはレベルが違うよ。 +7

「アニメが世界を制した理由だ」 ディズニー作品には存在しない日本アニメの特徴が話題に




■ なにもカラーが嫌で白黒にしてるわけじゃないんだよ。
  むしろ白黒でしか表現出来ない世界観もある↓ +14

 344547596_1901341950224489_7708392993281128269_n.jpeg




■ 個人的にはモノクロが大好き。
  だってカラーだと目が痛くなるんだもん。




■ 例に挙げられてる絵(*)は本当に美しい。
  実際の話、あれらをカラーにしたら、
  元の美しさは損なわれてしまうんだろうか? +2




■ 自分はモノクロで満足してる。
  重要なのはストーリーなんだだから。
  面白ければ別にカラーじゃなくてもいい。 +4




■ そもそも日本のマンガの基本は白黒でしょ。
  カラーになっちゃうとアイデンティティが損なわれるのでは?




■ 正直日本のマンガはゴチャゴチャし過ぎだと思う。
  いや、絵がかなり緻密に描かれてるって事なんだけど、
  でも読むのが疲れちゃうんだよ。 +6




■ だってこの作画レベルが日本以外で見られる? +17

「漫画家を舐めてた…」 一流漫画家たちの画力に外国人から驚愕の声

 344895034_228383856462063_7000978248690532068_n.jpeg



   ■ 「ベルセルク」は多くの監督や漫画家に影響を与えた。
      まさに時代を象徴する名作と言っていい。
      自分の中で内容からアートまでを考慮したトップ3は、
     「MONSTER」「バガボンド」「ベルセルク」だ。 +3



■ 1つ言えるのは、日本はコミックの本場という事。
  「アニメーション」や「コミック」と言えば、
  誰もがまず日本を思い浮かべる。 +15



   ■ コミックの本場はアメリカでしょ?



      ■ 米国で初めてコミックが出版された年は1933年で、
        日本は1900年代初期には出版してるはず。



■ 一般的に考えたら日本のマンガには勝てないよ。
  だって歴史の長さが違うんだもん。 +3




■ 日本のマンガは絵が緻密過ぎて、
  色を塗ると絵が崩れちゃうんじゃないかな。 +14




■ 審美的にはそれぞれの国のスタイルにそれぞれの美しさがある。
  だけどストーリーでは日本はやっぱり強いね。 +5

「生まれる国を間違えた」 日本人の独特な美意識に外国人から感銘の声




■ 日本のマンガはストーリーの組み立てに深みがある。
  ほぼ全てのキャラクターに詳細な過去があって、
  全ての事柄にちゃんと意味があるんだ。 +4




■ 「ベルセルク」や「バガボンド」みたいな作品を知っちゃうと、
  カラーがより良いとは思えなくなるな。 +3
  



■ 色がない事で物語のイメージやディテールを、
  読者は自由に想像出来るっていう利点がある。
  読者がよりプロットに集中出来るんだ。
  あくまでも自分は白黒の絵を見た時に、
  カラーよりも細かいところまで感じ取る事が出来る。 +14




■ 日本のマンガは白と黒のモノクロである。
  しかしそこには、確実に奥行きがあるのだよ。 +18





前提としてはカラーかどうかよりも内容(ストーリー)でしょうか。
もちろんアメコミなどでカラーに慣れてた人たちは、
最初は戸惑いもあったのではないかと思いますが、
現在の世界的な漫画の人気が何事かを証明してますかね。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。

PC版のコメント欄は記事最下部の「コメント欄を表示」より
 PC版でコメント欄の幅が狭まってしまう場合は、
 履歴やキャッシュの削除を試してみてください。
[ 2023/05/18 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事




ブログパーツ アクセスランキング