fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「やはり日本は正しかった」 独自動車メーカーが方針転換し水素で日本企業と連携強化を希望

独大手自動車メーカーBMWのオリバー・ツィプセ社長は先日、
今後は電気自動車(EV)一本に絞るのではなく、
プラグインハイブリッド車(PHV)や燃料電池車(FCEV)など、
多種多様な自動車を揃えていくことを表明し、
それを踏まえ、主に水素関連技術などで、
トヨタとの連携を強化していきたいと語りました。

ツィプセ氏は以前から、
「世界の一部地域では電気自動車は使えない」と指摘しており、
英紙テレグラフもツィプセ氏の姿勢について、
「水素自動車の推進に力を入れている」
と伝えていましたが、今後はトヨタと協力し、
本格的に水素自動車を選択肢の1つに加えるようです。

大手自動車メーカーが新たに本格的に参入し、
水素自動車が選択肢の1つになり得る未来に、
海外の人々からは歓迎の声が相次いでいました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「このままでは日本に負ける」 独紙『車に革命を起こす国があるとすればそれは日本だ』

screenshot 58




翻訳元



■ そう、水素燃料は自動車の未来なのだよ。 +23 イングランド




■ ありがとう!!!
  EV以外の選択肢。
  それこそ僕が聞きたい事だったんだ! +2 ドイツ




■ トヨタはずっと前に気付いてた事なのになぁ。 オーストラリア




■ ようやくか。
  EVでは「完全な解決策」にはならない。
  だけど水素自動車なら間違いなくそうなり得る。 +124 イギリス




■ BMWが水素自動車にも力を入れるのは、
  シンプルに素晴らしいニュースだと思う。 +112 イギリス




■ まぁBMWほどの企業の社長が言うんだから、
  水素燃料は自動車の未来の1つなんだろうね。 +2 アメリカ




■ 水素燃料には物理化学的な問題が基本的に多すぎる。
  とは言え、トヨタのように水素に大きな投資をした企業が、 
  これからどうなっていくのかはかなり興味深い。 +52 




■ BMWはかなりの時間をトヨタと一緒に費やしてるな。 +6 




■ トヨタとBMWの提携はいい方向に向かうかもしれない。
  他の日本のメーカーも水素に取り組んでるね。 アメリカ

「みんな迫力が凄いw」 日本の自動車メーカーの創業者の顔ぶれが海外で話題に




■ 結局はトヨタが正解だったって事なんだなぁ。 +2 スペイン



   ■ 最終的にトヨタが正解なのはいつもの事😂 +1 ニュージーランド



■ 全ての可能性をカバーするために、
  とりあえずつま先だけ踏み入れただけでしょ。
  だけどもし本当に水素に全力投資してたら、
  今ごろは全く違ってたかも。
  現状はトヨタから技術を買うだけだし。 +10 オーストラリア




■ 電気自動車と水素自動車の両方が未来なんだよ。
  とりあえず現状水素技術は、日本勢がリードしてる。 +14 イタリア



   ■ 俺はディーゼルこそが未来だと思ってる。 +2 イタリア



      ■ 日本はそうは考えていない。
        だからこそ水素に力を入れてるんだ。 +4 イングランド



■ トヨタとBMWこそが至高なのだよ。 +23 

「日本車はロゴまで一流か」 トヨタのマークに隠された秘密に外国人が大興奮




■ EVは太陽光を使って無料で充電できる。
  結局のところ水素はもっと高くつくはず。 +2 オーストラリア




■ 「EVは万人向けではない」
  って前にトヨタが言ってたけどそれは本当。
  ニーズに応じた選択肢があるはず。 +12 フィリピン




■ ようやく自動車業界が正しい道に戻ってくれたか。 +83 



   ■ 水素はEVの代替になるだろうね。
     とは言えEVの未来だって明るい。
     ワイヤレス充電が導入されれば、
     今よりももっと良くなっていくさ。 +10 イギリス



■ 水素自動車の利点は間違いなくあるけど、
  でも水素自動車に必要なインフラとかは、
  EVの充電が難しい世界の地域と同じように、
  いや、下手をすればそれ以上に難しくなるはず。 +6 アメリカ




■ BMWと日本車メーカーは、
  最強の組み合わせだって言えると思う。 マラウイ在住




■ トヨタは技術の面で世界の遥か先を行ってるからね。 +2 ケニア

「日本は世界の先を行っていた」 30年前にドイツを震撼させた日本車が海外で再び脚光




■ 電気自動車の方が購入費も燃費も安い。
  水素はコスト面でもエネルギー効率でも太刀打ちできない。
  水素を発生させるには電気が必要なんだから。 +67 



   ■ それは木を見て森を見ずだな。
     水素自動車か電気自動車かの議論には、
     投入コスト以外にも多くの議題があるんだ。
     電気の場合はバッテリーがかなり高価で重い。
     軽量で信頼性の高い水素エンジンを造れれば、
     従来のEVよりもはるかに現実的な物になり得る。 +84 



■ とは言え水素自動車を安く買えるとは思えない!! +2 アメリカ




■ 水素自動車に関する決断では、
  トヨタに遅れをとってしまったなぁ。 ドイツ




■ トヨタは何年も前から水素の優位性を伝えてたんだけどね。
  彼らは今後水素が大きな役割を果たす事を感じてたんだ。 イギリス




■ EVは全ての人には向かないって、
  トヨタはずーーーーーーーーっと前から言ってた。
  結局はこれから水素に進出する他のメーカーは、
  トヨタの技術を借りる事になるんだろうね。 イタリア




■ 実はトヨタ・ミライは長い航続距離が実現された状態で、
  もう何年も前から世界各地で販売されてる。
  問題はイギリス全土に水素ステーションが、
  15カ所ほどしかないってことなんだよなぁ。 イギリス

「日本だけは謎だ…」 左側通行と右側通行の国をまとめた世界地図が面白いと話題に




■ やはり日本は正しかったという事だ。
  彼らはずっと前からハイブリッドに取り組み、
  次にNGV(天然ガス自動車)、そして今は水素自動車だ。 マレーシア




■ BMWはとても賢明だと思う。
  少なくともEVだけが自動車の未来ではない。 +6 アメリカ




■ 家で充電出来るなら、俺も水素自動車を選ぶんだけどね。 +2 




■ 絶対に水素自動車は支持を獲得出来ると思う。
  トヨタは今すでに水素燃焼エンジンを完成させてる。
  排出量ゼロへの道は1つの燃料源だけではない。
  そのことを理解すべきだと思う。
  ハイブリッドにはハイブリッドの居場所がある。
  電気自動車にも電気自動車の居場所がある。
  そして水素にも、当然居場所があるんだよ。 +5 





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。

[ 2023/11/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(0)



コメントポリシーをお読みになった上でコメントを投稿してください。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事




ブログパーツ アクセスランキング