fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「日本の作戦勝ちなんだよ」 日本のソフトパワーの勢いに西洋の歴史愛好家が危機感

ヨーロッパ各地で発展を遂げ、多様な種類が存在する西洋の刀剣。
古代ローマ時代はグラディウス、中世にはロングソード、
ルネサンス期にはファルシオン、近世ではレイピアなど、
その時代時代に代表的な刀剣が存在しており、
それら以外にも、クレイモアやダガーなど、
日本人にもよく知られた刀剣が数多くあります。

しかし、特に近年はアニメや漫画、ゲームなど、
侍などが登場するポップカルチャーの影響で、
欧米においても日本の刀の人気が西洋の刀を凌ぐほどに。
今回の翻訳元では、その事実を認める人々と、
潮流に抗う西洋の歴史ファンの人々との間で議論が起きています。
様々な意見が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「さすが日本だわ…」 隕石から作られた日本刀の存在に外国人が衝撃

maxresdefault_20231114122002d79.jpg




翻訳元



■ どうやら日本のソフトパワーにやられてしまったようだ。
  カタナは西洋の両手剣よりずっとスタイリッシュだ。 +22 




■ たしかにカタナの方がスタイリッシュだよね。
  我が家も日本のカタナを保有してるよ! 




■ 日本のカタナがスタイリッシュなのは事実だけど、
  西洋の刀より上かはモノによるとしか……。 




■ 西洋の両手剣はカタナを打ち砕くけどね。 +2 



   ■ そう、カタナは日本国内では最強だろうけど、
     両手を使うヨーロッパでは通用しないだろうな。 +1 



■ ヨーロッパには、斬る事よりも突きに特化して、
  スピードとデュエルに最適化した、
  レイピアがあることを忘れてはいけない。 +5 



   ■ 「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する、
      ポルナレフのスタンドもレイピアを使ってるし、
      日本でも認知度は高い。 



■ 西洋の刀を「両手剣」って表現する場合が多いけど、
  日本のカタナだって両手で持つことも出来るよ。 




■ でも現実的にはカタナの方がスタイリッシュでしょ。 +1 




■ 長剣万歳、ツヴァイハンダー万歳、レイピア万歳!
  ヨーロッパには最高の刀剣がある! +1 

「どの剣も格好良すぎる」 日本からは2本 世界の伝説的な刀剣7選が話題に




■ 畳を切るだけのカタナと、
  西洋のクレイモア(両刃の大刀)が勝負になるとでも? 




■ 伝統的なカタナの加工技術はやっぱり興味深いよね。 



   □ 加工が必要なのは日本の鋼が安物だからだ。
     本物の刀剣はもっとスタイリッシュだから。 



      ■ 西洋の刀は重すぎる。
        自分は腕力がないから特にそう感じる。 



■ 自分は友人の誕生日にカタナを贈る予定……。
  本音を言うと自分用にしたいところだけど……。 



   □ 俺のこれまでの反カタナ運動は無駄だったのか……。 +64 



■ 日本は大衆文化(マンガ、映画)を通じて、
  不動の地位を確立したのは事実だろう。
  それでも西洋の剣はその形が何であれ、
  本物の「刀剣」であり、主君の真の武器だ。
  カスタマイズが可能であることに加えて、
  日本のカタナよりはるかにエレガントだ。 

「まさか本当に実在するとは!」 三種の神器の存在に外国人から驚きの声が殺到




■ 認めるよ、確かに日本のカタナはスタイリッシュだ。
  だけどその強度はポリスチレン*並みだ。 

 (*納豆の容器や、肉や魚のトレーなどに使われる)




■ 俺は今の潮流に抗うよ。
  日本のマンガに負けてられるか。 




■ 俺も刀剣の中でも特に日本のカタナに弱いんだ!
  お金が貯まったらすぐにでも買いたい……。 




■ 刀剣と言えば西洋の刀であって、日本のカタナではない。 




■ 重要なのは戦いやすさ。
  スタイルの格好良さで選ぶのはトーシロよ。 




■ カタナは簡単に壊れちゃうし、
  繊細だから板を切るくらいしか出来ない。 




■ そもそもサムライたちは盾を使わないわけで、
  そんな心許ない状況を想像してみてほしい。 +1 

「なぜ侍は盾を使わないんだ?」 戦国時代の合戦を再現した映像が海外で大反響




■ 俺が本当にカッコいいと思うカタナはノダチだけ。
  そしてフランベルジュやモンタンテの方が、
  そのノダチよりスタイリッシュだと思ってる。 +1 




■ 最終的には最強の刀剣はクレイモアってことでよくないか? +1 




■ 実際にカタナのイメージはマンガによって大きくアップしてる。
  これはもうソフトパワーを国家戦略にしてる日本の作戦勝ちなんだよ。




■ ヨーロッパの剣はカタナよりも耐性があることは、
  鍛冶屋がこれまでに何度も証明してきたよ。 +1  




■ ここいいるみんなには申し訳ないが、
  日本のカタナは西洋の刀より審美的に優れてるのは事実。 +4 




■ 西洋の刀も日本のカタナも両方クールって事ではダメなの? +25 




■ ここでも言われてるように、
  日本のソフトパワーがイメージアップに寄与したけど、
  その上で、実際に日本のカタナの方がエレガントだと思う。 +27 

「日本のソフトパワーは既に最強だ」 米国の次の覇権国家は日本ではないかと議論に




■ 正直11世紀以降の西洋の騎士であれば、
  汗をかくことなく日本のサムライを圧倒出来るだろう。 




■ 日本の鍛冶職人によって1000回以上も鍛錬されたカタナを前に、
  ヨーロッパの鎧は全く意味をなさないと思う。 +2 




■ 全ての文化の刀剣を愛する俺のような人間もいるわけだが。 +6 




■ 結局刀剣ってさ、お国柄が現れる究極の「スタイル」なんだよね。
  だからどれが一番かって話題でこうして盛り上がる。
  それはもう仕方がないことなんだよ。 +26





日本刀派はその美しさを、西洋刀派はその頑丈さを推していました。
人気に関してはポップカルチャーの影響はかなり大きいでしょうね。
いずれにせよ、双方にその歴史にふさわしいロマンがあると思います。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。

[ 2023/11/14 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(0)



コメントポリシーをお読みになった上でコメントを投稿してください。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事




ブログパーツ アクセスランキング