fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「日本人はさすがだ!」 アイスランドが舞台の日本の漫画に現地からも絶賛の声

北欧アイスランドを舞台に、日本人少年の探偵業を描いた、
ジュブナイル・ミステリー「北北西に曇と往け」。
作者の入江亜季先生が、
「アイスランドの自然と、生活と、車が描きたくて始めた」
と語られている通り、その3要素が物語の大きなモチーフになっています。

日本では「第12回マンガ大賞」にノミネートするなど、
非常に高い評価を受けている作品ですが、
アイスランドが舞台の日本の作品は極めて珍しいこともあり、
海外の人々もまさにその設定に興味津々。
レビューサイトには様々な国からの投稿がありますが、
作品の舞台となったアイスランドの人々からも、
美しい描写などを称賛する声が寄せられていました。

「親日家になったきっかけだ」 北欧でのみ爆発的な人気を誇る日本アニメが話題に

screenshot 1




翻訳元



■ アイスランドが舞台ってことで読んでみたけど、
  最初から信じられないくらい面白かった!
  早く続きが読みたくて仕方がない! 




■ この作品は、読者をアイスランドへと運んでくれる。
  アイスランドの美しく荒々しくワイルドな一面が描かれて、
  まるでその場にいるような気分にさせてくれるんだ。 




■ 主人公は、フランス人の祖父とアイスランドで暮らす、
  弟が失踪した、日本人とフランス人とのハーフで、
  機械と会話ができる若い私立探偵。
  これ以上独創的な設定を想像するのは難しいし、
  日本のマンガにない物はないと思わせられる。 




■ アイスランドが舞台に選ばれたのは興味深い。
  でもガラガラの幹線道路や温泉だけじゃなくて、
  狭く密接な関係があるコミュニティの様子や、
  短い日照時間、言語とかにも触れて欲しいな。
  もっと色々な魅力がこの国にはあるからね。 




■ シリーズのストーリーやプロットよりも、
  アイスランドの美しさに目が行った。
  主人公たちに共通するアイスランドへの愛を、
  より深く見ることができたのは高く評価できる。 




■ ストーリー的には割と淡々と進んでいくんだけど、
  それでも最初から完全に魅了されてる俺がいる。 




■ 可能性を秘めた作品だったけど、
  個人的にストーリーは物足りなかった。
  ただ、アイスランド語の部分と、
  アイスランド産の希少で特別な商品の紹介、
  ロケ地、そして時折登場するアイスランド特有の追加要素だけで、
  不思議なほどホームシックになったよ。 




■ 今持ってる5巻までの私の読み方は、
  「貪り読む」という表現がぴったりだった。
  アイスランドの美しさと風景、それらを描くディティールは、
  本当にずっと見てても飽きる事がない。 

「日本の概念に救われた!」 国際語となった『積ん読』の驚くべき効能に外国人が歓喜




■ アイスランド、日本、私立探偵、奇妙な家族関係。
  予想もしなかったコンセプトがうまくミックスされてる。
  旅をベースにした物語を探してる人にオススメしたい。 




■ アイスランドの描写がとにかく素晴らしくてよかった! 




■ 2巻まで読んで、3巻も読むつもりだけど、
  ストーリーがどこに向かってるのかさっぱり分からない。
  でも絵は相変わらずゴージャスだし、
  私もアイスランドに行きたくなったのもまた事実。 




■ 物語は奇妙だが、同時に美しい。
  この女性作者が描く絵は本当に見事だ。 




■ 巻によっては、アイスランドに関する、
  情報豊かなガイドになってるのが素晴らしいと感じた。 




■ この作品は自分の人生全体を見直すきっかけになる。
  とても美しくて、感動的で……。
  みんなもすでに分かってると思うけど、
  アイスランドに行きたくなるよね!!! 

「日本以上の国はないんだよ」 日本人が世界最高の特権を無駄にしていると話題に




■ ゆっくりとメインプロットから離れていって、
  後からまた戻るというスタイルになってるけど、
  それでもストーリーは勢いを失うことがない。
  フランス人として、アイスランドという国を知れるのも嬉しい。 




■ ネット上で勧められてたから読んでみたけど、
  設定がかなりユニークだった。
  そしてアイスランドを舞台にした物語を読むには、
  冬が一番いい季節だと言っておきたい。 




■ アートは眼福で、想像力を刺激してくれる楽しい世界だった。
  この作品の美しいイラストが心から大好きだし、
  アイスランドの風景は本当に見事だった。 




■ はっきり言って、絵を見るだけでも買う価値があるくらい。
  そしてキャラクターたちは魅力的。
  私が日本のマンガを愛する理由が詰まってる。 




■ とにかく美しい!
  物語の進みはちょっとゆっくりしてるけど、
  それでも私は完全にハマった❤️ 




■ まるで観光をしてるような気分になる。
  日本のマンガが白黒なのが残念なくらいだ。 

「日本は歴史の長さが違う」 なぜ白黒の日本の漫画に世界は勝てないのだろうか?




■ この漫画は本当にアイスランドツアーのようだったよ。
  それだけで十分好きな作品になり得るんだけど、
  ただ内容としては、もっと掘り下げて欲しい部分もあったかな。 




■ ここしばらく読んだ日本のマンガの中で、
  最高に興味をそそられた。ほんっっっとに面白い。 




■ 第1巻はかなりエキサイティングだった!
  親しみやすいキャラクターに、
  他の日本のマンガとは違う西洋風のデザインが印象的! 




■ イラストの繊細な線が、一瞬で読者をアイスランドに運んでくれる。
  まさに魔法と言っても過言じゃない。 




■ 私が今まで読んだ漫画のトップ5に入るね。
  すべてのキャラクターに込められた美しいアート、
  ストーリー、ディテールはすごく素敵。
  「何で私は今アイスランドにいないの?」
  って気分にさせてくれる作品。 




■ 舞台はアイスランドでその絵がまた見事なんだけど、
  その中で日本的な雰囲気とか独特な感性が感じられて、
  日本のアーティストはさすがだと思った! 

「実に日本人らしい感性だ」 夏目漱石の『I LOVE YOU』の訳し方が美し過ぎると話題に




■ このマンガ、最高!
  アイスランドの文化を理解するのは初めてのことだったし、
  その点も私にはプラス要素だったよ。 




■ アイスランドが美しく描かれて感動的だった。
  全ての人にお勧めできるという作風ではないかもしれないけど、
  それでも僕は本当に楽しめた。 




■ タイトルは刺激的で、表紙は素晴らしい。
  そしてこの第1巻のストーリーなんてもう……。
  ミステリー、現代性、美しさ、そしてほのかな魔法。
  アイスランドのように、時に変わった風景が、
  人生には見かけ以上のものがあると信じさせてくれるんだ。 




■ キャラクターからアイスランドの風景まで、アートワークは壮観。
  もし、ゆっくりと解き明かされていくミステリーや冒険が好きなら、
  この漫画は間違いなく、あなたのためのものだ。 





なおレビューサイトでの評価(5点満点)は、
1巻が3.96、2巻が4.03、3巻が4.32、
4巻が4.25、5巻が4.37、6巻が4.34と、
完全な右肩上がりではありませんが、
着実に評価が高まっている事が窺えます。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2023/12/01 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング