fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「日本の勢いが止まらない!」 日本映画の相次ぐ成功が米国人の価値観を大きく変える結果に

先週末の全米ボックスオフィスランキングで、
スタジオジブリの最新作「君たちはどう生きるか」が、
興行収入1297万2683ドル(約19億円)を記録し、
初登場1位となりました。
さらに前回3位デビューの「ゴジラ-1.0(マイナスワン)」も、
興収859万1413ドル(約13億円)で順位をキープし、
全米トップ3に日本映画が2作入る快挙となっています。

この事実をAP通信、ガーディアン紙、LAタイムズなど、
多くの海外メディアが報じているのですが、
インディーズ映画などの配信を行っている、
OCN Distributionの運営部長ジャスティン・ラリバティ氏は、
「(相次ぐ日本映画の成功は)大手劇場チェーンにとって、
 『アメリカ人は字幕映画も観る』というサインになるはずだ」
と指摘しています。

実際に字幕でも問題がないと感じる米国人は増えているようで、
ラリバティ氏のこの指摘、そして日本映画の躍進に、
現地からは多くの反応が寄せられていました。

「日本が強過ぎるだけだ」 なぜ米国文化は日本のソフトパワーに凌駕されたのか?

screenshot 58




翻訳元



■ 昨日「ゴジラ」を字幕付きで観て、本当に驚いた。
  そして字幕に不満を言ってる人は全くいなかった。
  私自身も字幕でも全く気にしないし、
  字幕というだけで素晴らしい外国映画を拒むのは、
  本当にもったいないと思う。 +4 




■ ゴジラもジブリも素晴らしかったよ。
  人を引き寄せるのにスーパーヒーローは必要ない。
  ただ優れた物語があればいいんだ!!! 




■ 字幕の映画を受け入れる人が増えてるのは、
  ハリウッド映画の質の低下を示す大きなサインなのかも。 +2 




■ 私の町の映画館では、ジブリ映画とかの上映も増えてる。
  ハリウッドのストライキは新しい市場と競争を生み出した。
  はっきり言ってしくじったよね。  




■ 私からすれば驚くようなことじゃなくなりつつあるかな。
  ミレニアル世代やZ世代が家で観るほとんどの映像に、
  字幕をつけるというニュース記事もあるし
 (ミレニアル世代の私が言うんだから間違いない)。 +42 



   ■ Z世代(ミレニアル世代のような気もするけど)として同感。
     私はあらゆる映画やドラマを字幕付きで観てる。
     読むのと聞くのを同時にやることで、
     より多くの情報に触れられるから。 +2 



■ 両方とも素晴らしい映画だったし、
  日本映画が上位を席巻したのも納得❤️❤️❤️ +7 




■ まぁアメリカ人の3分の1は字幕でも気にしないだろう。
  自分の体験だと「人狼 JIN-ROH」はいつものように、
  英語字幕付きの日本語で観たんだけど、
  ストーリーがあまりに複雑だったから、
  吹き替え音声に切り替えて観たのを覚えてる。 




■ そう、字幕でも問題ない。
  字幕映画でも、台詞が多くない映画でも、
  観客に支持される事はこれまでも見てきたし。 

「日本語版は完璧だ」 米映画配給会社が日本語吹き替えでの視聴を推奨し話題に




■ 14歳と17歳の子どもたちを連れて「ゴジラ」を観に行った。
  字幕映画は子どもたちにとって今回が初めてだったけど、
  2人ともすごく面白かったって!  




■ 今は超大作でもない限り、映画館に足を運ぶアメリカ人は、
  映画通ばかりだという事実も物語ってると思う。 +4  




■ 作品のクオリティを重視すれば、字幕だろうが何だろうが、
  観客は必ず映画館に足を運んでくれるって事だ。  




■ 俺は「君たちはどう生きるか」は英語版でも観たい。
  いずれにしても、多彩なキャスト(声優)陣が、 
  アメリカでの成功に貢献したんだろう。 




■ 「君たちはどう生きるか」は本当にゴージャスで、
  美しく、意味のある物語だったよ。
  家族6人で劇場に観に行ったんだ。
  映画館にお金を払うことはめったにないけど、
  この映画のためにお金を払った。後悔はしていない。 +28 




■ ゴジラとジブリが上位に! 凄い時代だね! +2 




■ ちょうど今日の夜に妻と子どもたちと、
 「君たちはどう生きるか」を観てきたけど、本当に良かったよ。
  とは言え「千と千尋の神隠し」、「天空の城ラピュタ」、
  「ハウルの動く城」の上に置くかどうかは分からないが。 

「日本の多様性は凄いな」 日本の歴代映画観客動員数ランキングが面白いと話題に




■ マーケティングはかなり重要だ。
  「ゴジラ-1.0(マイナスワン)」の上映前に流れた、
  ハリウッド映画の予告編は興味がそそられないものばかりで、
  周りの観客たちもみんなそう言ってたからね。 +2 




■ 「君たちはどう生きるか」が、
  アカデミー賞を受賞することを願ってる! +13 




■ たしかに字幕は受け入れられてると感じてる。
  そのことが明らかな例は、多ければ多いほどいいさ。 +3 




■ ゴジラには本当に感動した。とてつもない映画だ。
  字幕だったんだけど、唯一の不満は、
  まだ字が読めない小さな子どもたちに、
  何が起こっているのか説明する囁き声だった。
  映画に集中したかったから、結局席を移動したよ。  



   ■ 家族で映画館に行く時に字幕版を選ぶのは、
     子どもが文字が読めるようになってからの方がいいね。 



■ 「君たちはどう生きるか」は観てる間ずっと混乱してた。
  通常はそういうタイプの映画が好きなんだけどなぁ。 +9 

「日本が特殊なんだよ」 なぜ欧米では日常系アニメは人気がないのだろうか?




■ 「君たちはどう生きるか」は吹き替え版も用意されてるよ。 



   ■ そう。だけど他の人にも返信してるけど、
     ほとんどの上映は日本語版(字幕版)だった。 +3 



      ■ 英語版と日本語版、どっちの方が入ったんだろう?
        ジブリはどっちの宣伝に力を入れてた? 



         ■ まず宣伝自体やってないから分からない。 



         ■ 昨夜6歳の子どもと吹き替えを観に行ったけど、
           午後7時の時点で劇場は満員だった。
           字幕も吹き替えも両方あったようだ。 



■ アメリカの映画産業の舞台で、日本の勢いが止まらないね! +49 




■ 「君たちはどう生きるか」には、
  英語吹き替え版とオリジナルの日本語版の両方があった。
  選択肢が多いのはシンプルにいいことだと思うわ。 

「ひらがなは偉大だ!」 NHKが在日外国人に発信した台風情報に称賛の声が殺到




■ 「君たちはどう生きるか」を日本語版で観るか、
  それとも英語版で観るかで迷ってる。
  いやほら、スタジオジブリは英語の声優を起用するとき、
  失敗するって事がないから期待しちゃうんだよ。 +6 




■ 映画館に足を運ばなくなった高齢者がどれほど多いか……。
  実は加齢の影響で、登場人物が何を言っているのか、
  聞き取れない事が増えてしまうのがその原因の1つなんだ。
  俺の親父は20年前は字幕を嫌ってたけど、
  今では大の日本映画ファンになってるよ。 +2  




■ もっと日本映画を映画館で上映してほしい。
  海外の映画の上映をアメリカでもっと増やそう! +10 




■ そしてショウヘイ・オオタニが超大型契約をした。
  日本にとっては、大勝利の1週間だったな。 





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。

PC版のコメント欄は記事最下部の「コメント欄を表示」より
 PC版でコメント欄の幅が狭まってしまう場合は、
 履歴やキャッシュの削除を試してみてください。
[ 2023/12/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事




ブログパーツ アクセスランキング