fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「日本よ、何故なんだ…」 世界で大コケした映画が日本でヒットし外国人から困惑の声

最新の週末映画動員ランキング(12月15日~12月17日)が18日、
興行通信社より発表され、ウォルト・ディズニー・カンパニーの、
創立100周年を記念する作品である「ウィッシュ」が、
初日から3日間で観客動員43万4000人、
興行収入6億1200万円を記録し、初登場首位に輝きました。

「ウィッシュ」は、どんな願いも叶うという魔法の王国を舞台に、
王国の秘密を知った少女アーシャが、悪に立ち向かう物語。
アメリカなどでは11月に上映が始まっているのですが、
北米の興行収入が予想を大きく下回り、初登場で3位発進と、
制作費に2億ドル(約287億円)をかけた大作かつ、
ディズニーの記念作品としては物足りない結果となっていました
(週末5日間の興収は3170万ドル。予想は最大5000万ドルだった)。

この日本と他の世界との嗜好の違いが海外ネットで話題になり、
外国人からは様々な反応が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本らしさ全開だw」 日本の映画産業の特殊性が一目で分かるデータが話題に

4642624.jpeg




翻訳元



■ ディズニーは日本で常に大きな存在だった。
  だからこの結果は別に驚きじゃないさ。 +1 




■ 他の世界では大コケした映画が、
  特定の国ではヒットするって例は過去にもあるもんだよ。 +6 




■ いや、「ウィッシュ」はディズニーの最高傑作でしょ。
  ディズニー100周年にぴったりの映画だった✌️😎  +3 




■ 日本ではかなり積極的に宣伝してるから。
  おそらくはその影響だと思う。 +2 




■ 「ウィッシュ」に登場する小さい星のキャラが可愛らしいから、
  日本では人気になるのは間違いなさそう。 +2 




■ 「ウィッシュ」は「エレメンタル」とは正反対だね。
  「エレメンタル」は興行成績でわずかに、
  収支均衡に到達するほどのパワーは持ってた。
  一方で「ウィッシュ」の勢いでは損益分岐点にさえ達しない。 +3 




■ つまり、米国内でディズニー離れが起きてるだけなのかな? 




■ 少なくとも、評価をしてくれる誰かがいたわけだ。 +5 




■ ニッポンでヒットした理由は、可愛いらしい作風だから。
  彼らは可愛いものが大好きなんだよ。 

外「案の定日本なのか…」 日本近海に生息する魚が嘘みたいな可愛さだと話題に




■ ディズニーにとってはありがたいね。
  こうなるといよいよ日本を舞台にしたファンタジー物を、
  ディズニーに作って欲しいところだね。 +2 




■ 日本でだけは興行収入が好調だけど、
  アメリカや他の世界では大コケしてるから、
  興行的にはまだまだ厳しいだろうなぁ。  +2 




■ 「ウィッシュ」は徐々にだけど、
  観てくれる人を見つけ始めてるみたい。 +2 



   ■ 少なくとも2億ドルの予算には匹敵するだろうし、
     収支を合わせるには不十分だけど、
     最悪の結果にはならなそう。 +2  



■ 日本では他に目玉となる映画がなかったとか? 



   ■ 日本でヒットした理由はシンプルに、
     「日本人はディズニーが大好きだから」。 



■ かなり意外だった。
  日本人とかは欧米の作品に興味がないと思ってたから。 

「日本人には憧れの国がないんだよ」 米紙が指摘する日本人のハリウッド離れが話題に




■ しかし、日本よ、何故なんだ……?
  ディズニー映画の中でも特筆すべきものがない作品なのに。 



   ■ 映画のヒットに何か定理や証明が必要?
     基本的には可愛らしい映画だし、
     日本人はそういう作品が好きなんだ。 



■ 日本では宣伝にもっとお金が掛けられてるからかな。 +12 



   ■ アメリカでの宣伝は凄かったよ。
     だけど興行とはうまく結びつかなかった。 +1 



      ■ イングランドではほとんど宣伝がなかった。
        私が話をした90パーセントの人たちは、
        ディズニーの新作映画が公開されることさえ、
        全く知らなかったくらいだから。 +4 



         ■ 少なくともこっちではしっかりやってた。
           トレーラーが公開された後は、
           ディズニーテーマパークに登場したり、
           特におもちゃにはかなり力を入れてたね。
           だからマーケティングに関しては全力だったし、
           それが興行的に失敗した理由ではないはず。 



■ 実写版の「リルマーメイド」が公開されてる時、
  日本のツイッターでトレンド入りしてたんだけど、
  その当時にとある日本人が呟いてたんだ。
 「アニメ版のエリック王子が、
  ベテランの船乗りでも両手を使って引っ張る艤装を、
  片手で軽々と引っ張る姿が大好きだったんだけど、
  実写版の新しいエリック王子からは、
  そういう男らしさが伝わってこない」って。
  日本人はアニメーションの細部にまで目を凝らしてる。 

「日本の影響は明らか」 日本アニメ『人魚姫』とディズニー映画の類似性が話題に




■ ちなみに「アナと雪の女王」が日本で大ヒットしたのは、
  「レット・イット・ゴー」を歌った、
  マツ・タカコの貢献が非常に大きい。 




■ でも日本人のレビューや反応は気になるなぁ。
  とりあえず観に行こうとするには、
  色々な理由があるはずだから。 




■ 日本はディズニーに夢中だからまぁ納得。
  今日本に住んでるから分かるんだけど、
  ディズニーのキャラクターたちは、
  あらゆる商品のパッケージに使われてるもん。 




■ なぜか日本人はディズニーを溺愛してるよね。 



   ■ ディズニーは日本アニメにとって、
     文字通りの母親的存在だからだな。 



■ まぁ本来であれば、ヒットに値する物語だから。 +3 




■ 全く問題なんてないでしょ?
  日本人がキャラクターの人種で、
  映画を観るか否かを判断するとでも思った? 

「日本人を誤解していた」 アニメキャラはやはり日本人顔である事が実証され話題に




■ この映画はなかなか良かった。
  君たちも"観ず嫌い"せずに一度チャンスを与えるべきだ。
  そうやってオリジナルストーリーを受け入れないから、
  続編とかが繰り返されるんだよ。 




■ 日本人は皮肉にも、地球上で一番のディズニーファンだから。 




■ ディズニーは日本人だけじゃなく、
  世界中のほとんどの人にとって、
  今でも確固たるブランドでしょう。 




■ こっちではみんな「ウィッシュ」を実際に観る事なく、
  ああだこうだって言ってたからね。
  その中で日本は、称賛に値する国だ👏🏽🔥 +28 





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2023/12/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング