fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「まさか日本に恋するとは!」 海外のジャーナリスト集団が日本で最も衝撃を受けた事柄が話題に

今回は、スペイン出身のジャーナリストが執筆した記事からです。

執筆者のナダル氏は、2つのグループのジャーナリストたちに同行し、
レポートを書き上げるために1ヶ月間日本に滞在。
他のジャーナリストたちにとっては初めての日本だったため、
ナダル氏は案内役を買って出ており、旅行が終わったのち、
「日本という分類不可能な、世界で最も特殊な国」に関して、
何に対して一番驚いたのかをジャーナリスト仲間たちに質問。
記事ではそれらの答えがまとめられています。

1. ゴミ箱がないが、ポイ捨てもない
2. 路上に停めたられた自転車が翌日も同じ場所にある
3. 路上喫煙は禁止だが、一部レストランでは喫煙可能
4. チップを必要としない
5. 路上駐車がない
6. 電車内に携帯電話で話している人がいない
7. ペットを乳母車のようなカートに乗せて散歩している
8. 「治療よりも予防」(工事現場などで安全対策が徹底されている)
9. 整然と、静かに、割り込むことなく列に並ぶ
10. 清潔で無料の公衆トイレ
11. 外国語が通じないが、外国人でも分かり易い標識が至る場所にある
12. 他の国とは違い、通りに名前がない
13. あらゆるゴミが分類され、リサイクルされる
14. 超近代的だが、初詣など信心深い一面もある
15. 優しさに溢れている(上記の何よりも感動的)


ナダル氏は、上記のような特殊性から、
「おそらく日本はこの世界のものではなく、
 宇宙外から来たのかもしれない」と表現していますが、
日本を訪れた経験を持つ多くの外国人が、
日本ならではのユニークな体験に同様に驚き、
衝撃を受け、感動を覚えていたようでした。
寄せられていた反応をまとめましたので、ごらんください。

「日本人は世界の模範だ」 外国人ジャーナリストの日本滞在記が大反響

screenshot 17




翻訳元



■ そう、日本は素晴らしく、驚きが詰まった国だ。
  そして美しい場所だってたくさんある。 +55 




■ 日本の文化は異質ってくらいに特殊だけど、
  それだけに俺たちにとっては物凄く興味深い。
  数十年前には国として壊滅的なダメージ受けたのに、
  それでも立ち上がって敬意の文化を守ってきた。
  彼らから学べることは、数えきれないくらいだ!! +6 




■ リストの半分が「他者への最大限の敬意」という言葉に集約されてる。
  その事実を俺はとても気に入ってる。 +6 




■ 彼らは別の宇宙から来たわけではないさ。
  ただ素晴らしい教育を受けて、
  整然とした生活を送ってるだけなんだよ。 +26 




■ もちろん日本だって完璧な国ではないだろうけど、
  それでもいつかは日本で生活してみたい。 +2 




■ 日本人は国内でも海外でも本当に礼儀正しいね。
  ちゃんと相手を尊重してくれるんだよ。 +2 




■ 妹がいつも日本人は宇宙から来たって言ってたけど、
  私も日本に行った時にその説は本当だって確信した。 +3 




■ 私は夢を叶えるために日本に行ったんだけど、
  本当に信じられないような体験だった。
  日本はあらゆる面で千歩先を行っていて、
  世界のトレンドを作り出してる国でもある。
  日本人の何より凄い点は、その事実に気づいてないって事。
  日本人にとっての「世界」って、日本なんだよね。 +6 




■ 日本で地下鉄を利用したときに、
  サインのおかげで駅構内の移動が容易だったんだ。
  それは個人的に感銘を受けたよ。
  それとたとえホームがかなり混んでいても、
  前の人とぶつかる事はなかったのも特別な体験だ。 

「あんな混雑してるのに…」 混み合う駅でも秩序を保つ日本人に外国人感銘




■ そしてタクシーの運転手は制服を着て帽子をかぶり、
  社内のシートは可愛らしい白いかぎ針編みの毛布で飾られていて、
  ドアは乗客が触らなくても勝手に開く。
  人がいっぱいいても誰もぶつかってこないし、
  万が一ぶつかった時には何度もお辞儀をする。
  たしかに日本は別世界。L❤️VE JAPAN +30 




■ 日本が素晴らしい国であることは間違いない。
  だけどマイナス面もちゃんと伝えるべきだと思う。 +2 




■ 東京なんてあれだけの人口を誇る都市なのに騒音はほぼなくて、
  道路もものすごく綺麗なのが驚きだった!
  日本人は英語は話せないけど、目的地まで一緒に来てくれるの!
  そして駅ではみんながちゃんと順番を守るから、
  乗る時も押される事がなかった(信じられない)。
  私たちはそんな日本に恋してしまった! 😍😍😍😍 +47 




■ 日本は「国とはこうあるべき」という見本を示してる国。 +6 




■ 日本に旅行した事がある人たちは、
  みんな一様に「衝撃を受けた」って言うよね。
  私もいつかは行ってみたい。 +6 




■ 僕らだって先進国の一員だとされてるけど、
  日本と比較したらまだまだ進歩が必要だ! +4 




■ 一方で不思議だったのは、
  クレジットカードがあまり普及してなかった点。
  特に観光地では現金のみのお店が多かった。 +7 

「日本では高額紙幣が偽札扱いされない」 外国人が語る母国では不可能な日本での体験談




■ 言うまでもなく日本は魅力が詰まった国。
  素晴らしい面がたくさんあるよね。
  だけど独自の社会的な問題を抱えてもいるよ。 +10 




■ 日本には3回行ったことがあるけど、またいつでも行くつもり。
  もちろん日本も完璧ではないけれど、
  私たちにもあったらいいなと思うようなレベルの、
  市民教育がしっかりとなされているの。 +49 




■ 俺は日本が大好きだ。
  狭く曲がりくねった通りには沢山のバーやレストラン、
  大通り沿いには神社があり、街はダイナミックで、
  交通機関も、組織立った都市設計も見事だった。 +10 




■ 「私」よりも「公」が優先される。
  これは日本の特徴と言える点だけど、
  日本に限らず、やはり「公」が優先されるべきだと思う。 +13 




■ 日本人は完璧に近い。
  完璧じゃなくて、あくまでも「近い」。
  だからこそ親近感を抱けるんだと思うんだ。 +4 




■ 日本に行った事がある人は、みんな日本を称賛するね。
  親日家の1人として、その事実が嬉しい。 +2 




■ 日本は真の先進国。
  「社会」のあるべき姿を体現してるんだけど、
  俺たちはあまりにも慣れてなさ過ぎて、
  日本の社会を見た時に驚いちゃうんだろうな。 +17 

「日本のような国を目指そう!」 日本社会に理想を見出す米民主党支持者の人々




■ 自分は2回日本に行ってる。
  この記事の内容はほとんど同意出来るけど「言語」は別。
  日本には英語を話せる人が実はかなり多いよ。
  少なくとも単語はかなり知ってる。 +7 



   ■ うん、俺も日本に行ったのは結構前だけど、
     その当時から英語を話せる人は結構いた。
     日本社会にはマイナス面もあるけど、
     全体的にはポジティブだったよ。
     特に清潔さは印象的だった。 +5 



■ 友達が絶対に日本に行きたいという事で一緒に行ったんだけど
  (私は本当はタイに行きたかった)、
  まさかその日本に恋するとは思わなかったよね!
  とにかく人が素晴らしかったの。
  また来年か再来年に日本に戻るつもりだよ。 +5 




■ 日本人は単に教養が高すぎるから、
  まるで他の惑星から来たように思えるんだよ。 +4 




■ 今では多くの人にとって日本は、
  一度は必ず行ってみたい憧れの国だから!
  もちろん自分もそのうちの1人。 +6 




■ 秩序、礼儀正しさ、優しさ、規律……。
  こんな国を愛せないはずがないよね😍😍 +5 




■ 日本人が優しい人たちである事を私も保証出来るよ。
  向こうで何度か道を尋ねたけど、
  私たちが道に迷う事がないように躊躇なく道を引き返して、
  10分かけて目的地まで案内してくれた事もある。 +16 

「日本人は常に助けてくれた」 訪日外国人が語る日本旅行で体験した最高の出来事




■ 僕らは日本人から何事かを学べるはず。
  何よりもまず、公共の場では大声を出すのはやめよう。 +4 




■ 素晴らしい国だよね。
  実は私は幸運にも日本に2年間住むことが出来たの。
  人生で最も実りある経験の1つになってるよ。 +5 




■ 日本旅行中に抱いた一番強い感情は、日本人への感謝だった。
  だって、お金、パスポート、帰りの航空券が入ったバッグが、
  3時間後も置き忘れた場所にそのままの状態であったんだよ?
  そんなの世界のどの国でも考えられない。 +7 




■ このリストは全て私が保証します。
  日本を実際に旅して、日本ほど安全で、守られ、
  愛されていると感じたことはなかった。
  素晴らしい国、素晴らしい人々。
  また近いうちに、日本に戻りたいと思います。 +12 





今年最後の記事になります。
読者の皆様のおかげで1年間完走する事が出来ました。
いつもありがとうございます。
以前からコメント欄の復活の要望が非常に多いので、
来年は状況を踏まえ、いろいろ考えてみたいと思います。
いずれにしましても、2024年も何卒よろしくお願いいたします。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2023/12/31 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング