fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「このままでは日本に負ける」 ハリウッドの専門誌が日本人の効率的な仕事ぶりに衝撃

第96回アカデミー賞のノミネーションが23日に発表され、
山崎貴監督作「ゴジラ-1.0(マイナスワン)」が、
日本映画としては初の視覚効果賞にノミネートされました。

莫大な予算をかけたハリウッドの超大作がひしめく中で、
視覚効果賞にノミネートされただけで快挙であるわけですが、
アカデミー賞ノミネート作品の発表に先立って、
1930年創刊のハリウッド初のエンターテインメント業界誌、
「ハリウッド・リポーター(The Hollywood Reporter)」は、
「ゴジラ-1.0」の視覚効果(VFX)に焦点を当てた特集記事を配信。
その中で、今作に登場する610のVFXカットを、
たった35人のアーティスト達で作り上げた事を、
驚きを持って伝えています。

この記事を引用した翻訳元の1つによると、
2023年に公開されたスーパーヒーロー映画、
「アントマン&ワスプ:クアントマニア」では、
1000人以上のVFXアーティストが参加したとの事で、
「ゴジラ-1.0」の少数精鋭ぶりが際立っています。

関連投稿には多くの反応が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「こんな日本人男性がいたなんて…」 アカデミー賞授賞式で日本人俳優の美しさが世界にバレる

screenshot 8




翻訳元



■ たった35人であのレベルのVFXをやり遂げたの?
  マジで衝撃的なんだが。 +19 




■ 「ゴジラ-1.0」が現代の傑作である事が、
  こういう事実からますます証明されつつあるな。  +221 ポルトガル




■ とりあえず彼らにオスカーを授与してくれ! +37 アメリカ




■ 素晴らしい映画を作るには、
  一握りの才能あるアーティストと、
  最小限のVFXが必要だということだ。 +1367  ニューヨーク



   ■ その意見に異論はないけど、
     ゴジラは 「最小限のVFX」ではなかった。 +23 プエルトリコ



■ これはハリウッドは衝撃を受けざるを得ないよなぁ。 +22 




■ 日本のVFXとCGIアーティストは神レベル!
  それはゲーム開発者も同じなんだ。 +4 インド




■ とは言え、とあえて言いたいんだけど、
  「ゴジラ-1.0」の主役はストーリーだったよ。 +5 アメリカ




■ この時代にまさか日本は、実力主義だって言うのか? +2 アメリカ

「日本を誤解していたよ」 外国人にも大役を任せる実力主義の日本のアニメ界に感動の声




■ つまり量と質は一致しないという事。
  米エンタメ企業に対する教訓だね。 +228 アメリカ




■ これは歓迎すべき統計なんだろうか?
  それともアニメ業界と同じように、
  オーバーワークの結果なんだろうか? +9 アメリカ




■ とりあえず担当した日本の技術者たちには、
  大幅な昇給をよろしくお願いします。 +739 カナダ




■ ソフトウェア開発と同じで、
  多ければ多いほどいいってわけではないからね。 +185  アメリカ




■ 何をやっているのか分かっている35人は、
  何も分かっていない1000人に勝るってことだ。 +60 




■ ハリウッドのモデルも転換期なんだろうなぁ。
  維持するにはお金がかかり過ぎる。
  製作費も嵩むし、その割には利益も少ない。 +9 アルバニア




■ 自分は特撮映画の大ファンだけど、
  そんな俺が純粋に怖いと思った最初のゴジラ映画だった。 +12  カナダ

「日本はいい加減にしろw」 日本の実写版スパイダーマンに世界が騒然




■ 逆に言えば、1000人のアーティストを雇ってれば、
  「ゴジラ-1.0」はもっと凄い事になってたかも。 +4 イギリス




■ 日本人は量より質を重視する人たちだから😊🙏 +4 




■ 制作中の長編インディーズ映画で唯一のVFXを担当してる。
  そんな自分からすれば35人でも贅沢だ! オーストラリア




■ 多様性のためにとりあえず1000人集めます。 +34 アメリカ




■ ゴジラに砲撃を浴びせるショットは、
  俺がこれまで見た中で最高のVFXだった。
  予告編や広告で20回は観たから素晴らしいのは知ってたけど、
  それでも大スクリーンで見た時は鳥肌が立った! +138  




■ 重要なのは量より質ということを理解しない限り、
  このままでは日本に負けてしまうだろうな。 +5 アメリカ




■ 重要なのは人の数じゃない。
  技術者たちの情熱の熱量だから。 +62 

「これが電車だと!?」 日本人の鉄道にかける情熱が尋常じゃないと話題に




■ ユニットが大きすぎて生産性が上がらない。
  そんな時がどんな会社にも訪れるものなんだ。
  1000人のうち300人がマネージャーで、
  400人がネットファーフィンをやっていて、
  180人が仕事をしているふりをしていて、
  20人が個人的なプロジェクトで働いている。 +2  アメリカ




■ 自分も映画業界に携わってたから内情を知ってるけど、
  VFXの技術者たちの労働環境は過酷だった。
  ゴジラの技術者はちゃんと休めてたんだろうか。 アメリカ




■ 素晴らしい。
  もし労働条件もホワイトであったならだが、
  ハリウッドが日本から学ぶ事を期待したい。 +18 アメリカ




■ 自分が観てきた映画の中で最高のVFXの1つだった。
  それを立った35人で作り出したって!? +244 トルコ(英在住)




■ 日本ではちゃんと才能に基づいて人を雇ってるから。 +4 アメリカ




■ 少数精鋭が基本の日本人だ。
  こういう結果になるのも当然のことだろ? +12 




■ ハリウッドは日本の映画を模範とするべきだな。 +9 フランス

「日本のような社会を目指そう」 お忍びで来日したハリウッドスターが日本のとある特徴に衝撃




■ 日本人の仕事は効率的であることを示してるよね。
  あとハリウッドはお金をかけすぎだと思う。
  セットやケータリングに5000万ドル(約74億円)だもん。
  とにかく、日本には称賛を送ります!👏👏👏 +5 




■ 「ゴジラ-1.0」について知れば知るほど、
  他の全ての映画に嵐が向く事になってしまう。
  それくらいとんでもない作品だ。
  まだ観てない人は、絶対に観た方がいい。 +18 フランス




■ 35人の少数精鋭たちが傑作を生み出したわけか。 +179 イギリス




■ この作品は、グラフィック/アクション映画ではなく、
  本来あるべき「フィルム」の姿だと感じた。
  素晴らしい演技とストーリーテリングがあった。
  そしてそれは非常に新鮮だった。
  東宝スタジオに、心からの賛辞を送りたい。 +140 





なお記事では、VFXにも携わった山崎監督が、
スタンリー・キューブリック監督以来初めて、
視覚効果賞を授与される監督になるかもしれない、
という点にも言及されていました。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。

PC版のコメント欄は記事最下部の「コメント欄を表示」より
 PC版でコメント欄の幅が狭まってしまう場合は、
 履歴やキャッシュの削除を試してみてください。
[ 2024/01/24 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事




ブログパーツ アクセスランキング