fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「欧米人には斬新だった」 世界的ギタリストが解説するJ-POPの特殊性が話題に

YOASOBIの「アイドル」の世界的大ヒットや、
1970年代後半から1980年代にかけて制作された、
いわゆる「シティ・ポップ」のリバイバルブームなど、
特に近年はJ-POPが世界的に注目されています。

米国のヘヴィ・メタルバンド、メガデスの元メンバーである、
ギタリストのマーティ・フリードマンさんは以前、
欧米とは一線を画すJ-POPのコード進行の異質性を解説しており、
その際の映像が、海外のネット上でたびたび話題になります。

フリードマンさんはまず、
欧米の曲の典型的なコード進行を紹介してから、
以下の発言をしています。

「我々はこの(欧米の)コード進行を数えきれないくらい聴いてる。
 それでもずっと使われ続けているんだ。
 欧米のアーティストの曲のほとんどは、
 4つのコードから成る進行で構成されている。
 短いサイクルで、4つのコードが繰り返されるわけだ。

 一方で日本のポップスやロックを含む、
 全てのジャンルの音楽のコード進行は、
 最初から最後まで、長い旅路を経ることが多い」


以上の発言の上で、日本のコード進行の典型例として、
いきものがかりの「ありがとう」をギター演奏されています。

フリードマンさんの分かりやすく、そして説得力がある解説に、
外国人から共感の声が殺到していました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本人は恵まれ過ぎだ」 日本人が70年代に聴いていた楽曲に世界中の若者が衝撃

screenshot 53




欧米の典型的なコードの例から始まるよう設定しています。

https://youtu.be/QtPx6WdNM30?si=qWyEeF1TrOBqj0Q7&t=92



■ この解説はまさに俺が探してたものだ!
  ああいったコードはJ-POPで何度も聴いてるけど、
  耳にするたびに毎回鳥肌が立つ! +694 マレーシア




■ J-POPはかなりジャズっぽい雰囲気があるよね。 +617 アメリカ




■ だから自分もマーティ・フリードマンのように、
  自分の音楽を日本に持ち込もうと決めたんだ。
  欧米では「聴き慣れない」とか思われるような音楽でも、
  日本のメインストリームのポップスの中では、
  ずっと受け入れられてきたから。 +563 豪出身(日本在住)




■ 欧米とかのアーティストのほとんどの曲は、
  メッセージを伝えようとしているように感じる。
  一方で日本の曲はより感情が込められていて、
  アーティストが物語を語っているように感じる。
  それが僕には本当に美しく感じられる。 +248。 カナダ




■ あのコード進行を理解すれば、
  日本の曲が特別に美しいのも頷ける! +4 フィリピン




■ 邦楽のあのエモーショナルな進行は、
  ずっと聴いてても飽きるってことがない。 +43 アメリカ




■ R&Bとかゴスペルとかのブラックミュージックでも、
  JーPOPのような進行がよく使われるね。 +32 アメリカ




■ イエス!
  正直音楽の細かなところまでは分からないけど、
  とりあえず日本の音楽の方が耳心地がいい……。 +38 




■ 自分は「日本の音楽」って言葉を聞くと、
  ホイットニー・ヒューストンのコード進行やメロディー、
  70年代から90年代のブラックミュージックを思い浮かべるけど、
  その理由が今回なんとなく分かった気がする。 +53 

「日本は世界の最先端だった」 70・80年代の日本の黒人音楽に世界から絶賛の声




■ 自分が日本のコードに共感できたことに驚いた。
  サイケデリック・ロックとジャズで育ったから本当に不思議。
  でも日本のゲームもたくさんプレイしてきたから、
  ゲームを通して日本の音楽に触れたことは、
  自分が思ってる以上に影響してるのかも。 +827 



   ■ 日本の音楽には欧米人が楽しめる特別な魅力がある……。
     俺たちからすれば本当に斬新だったから……。 +60 フランス



■ 日本のアニメのオープニング曲が、
  やや「エモーショナル」になる傾向があるのも、
  この解説を聞く限り不思議じゃなかったのか。 +98 カナダ




■ 最初に彼が欧米のコード進行を弾いているのを聴いた時、
  正直「うーん……」っていう感想だった。
  だけど日本のコード進行を弾いた瞬間、
  物凄い衝撃を受けてしまった! +616 



   ■ 欧米のコード進行は超基本的だから。
     でも日本のコード進行は色々な脇道を通る。
     単純にルートに向かって進むこともできる中で、
     突然別のことが起こるという事が何度か繰り返される。
     まるでコードだけで物語が完結してるように。
     横道にそれて、また戻って、またそれる。 +54 オランダ



      ■ ミュージカルの音楽でもよくあるね。
        物語的なスタイルとして理に適ってる。 +8 



■ コードだけじゃなくて、
  ほぼすべての日本の曲には素晴らしいベースラインがある。
  欧米のポップミュージックの大部分は、
  ベースは単にルート音をたどってるだけだし。 +4532 アメリカ

「日本は才能の宝庫だ」 日本人ベーシスト達の技術に世界のベースファンが衝撃



   ■ 俺もその意見に同意するよ。
     そしておそらくそれこそ、
     俺が最近J-POPを沢山聴いてる一番の理由だ。 +301 



■ 私が欧米のアーティストの曲よりも、
  JーPOPの音楽を聴く理由が解説されてた。
  演奏技術が見事なんだよね。 +427 




■ そう、日本のコード進行には、
  ジャズにインスパイアされたハーモニーが数多くある。
  すごく表現力豊かで、俺からすれば最高だ。 +6 




■ ジャズの影響がこれほど浸透してる国は、
  世界でも他に類を見ないような気がする。 +11 




■ 俺も日本の音楽が大好き。
  流れが欧米の音楽よりもはるかに良いから。 +208 アメリカ




■ マーティが例に出した日本の楽曲のコード進行は、
  ポケモンのミシロタウンのBGMの進行と同じだから、
  一瞬で俺を子供の頃へと連れて行ってくれた。 +20 ウルグアイ

「ありがとう任天堂!」ポケモンGO 米国人にメートル法を認知させる快挙

 




■ 日本のポップスがアメリカの物よりもはるかに複雑。
  この事実は本当に不思議だ。
  必要のない場所でも複雑にするあの感じ。
  何でこういうことになるのか、理由が知りたい。 +39 アメリカ




■ 日本のコード進行はジャズやゴスペル、
  そしてクラシックからの影響が感じられる。それも強く。 +49 




■ 日本の曲ではキー内の7つのコードのうち、
  6つが使用される事が多い。
  欧米の曲は大抵4つなんだけどね。
  これがかなり大きな違いを生んでる。 +24 インドネシア




■ 私は日本の進行の響きが好きだけど、
  日本の曲のコード進行は複雑だから、
  試しに耳コピで演奏しようとすると、
  正確な音とコードを見つけるのが難しい!! +13 フランス




■ 欧米のコード進行はかなりスタンダード。
  だけど日本の場合は1920年代から60年代の、
  ジャズに由来する豊富なコード進行があるね。 +1856 




■ 俺の中でJ-POPの「J」は、Jazzの「J」なんだわ。 +22 

「今や日本は世界の中心だ」 英高級紙が日本のジャズの世界的な人気の高まりを解説




■ 日本人がいかに音楽にコードを加えるのが好きかに気づかされた。
  彼らの音楽のリズムはいつ聴いても興味深い。 +104 




■ 日米の音楽のコード構成上の最も顕著な違いの1つは、
  日本のミュージシャンがジャズを見捨てず、
  こっちでよく見られるような、
  「退屈な年寄りの音楽」ではなく、
  神のようなものとして崇めてることだと思う。
  外から見る視点というのはいつだって興味深いもので、
  日本人は常に米国初の偉大なオリジナル・アートに、
  大きな敬意を示してきたんだ。
  日本とアメリカの音楽面の美学の融合は、
  日本に新しく美しい芸術をもたらしたと言える。 +2698 アメリカ




■ 日本の音楽を聴いてると旅をしてるような気分になる。
  だから私は日本の音楽が好きなんだと思う。
  日本人が作るメロディーやコード進行の選択は、
  いつだって私を魅了して、
  まだ見ぬ場所に連れて行ってくれるの。 +99 




■ アメリカのポップスだってかつては、
  日本のような複雑さがあったんだ。
  だけどいつしか誰でも理解できる単純な公式にしてしまった。
  そうなった理由が何であれ、
  それが良いか悪いかは議論の余地があるね。 +41 アメリカ





「J-POPからはジャズの要素を感じる」
というニュアンスのコメントが非常に多く見られました。
日本の方が複雑だから優れているという単純な話ではなく、
欧米の人たちからすると、かなり新鮮なんでしょうね。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2024/02/11 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング