fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「日本に任せれば大丈夫だ!」 ドイツの誇りが日本に買収されるも何故か現地からは歓迎の声が

三菱鉛筆は2月29日、ドイツの高級筆記具メーカー、
「ラミー(Lamy)」の全株式を同社の創業家から買い取り、
完全子会社にする事で合意したと発表しました。買収額は非公表。

三菱鉛筆は1887(明治20)年創業で、
日本で初めて鉛筆を工業生産した会社。
ボールペンに革命を起こしたと評される、
「ジェットストリーム」などでお馴染みですが、
これまで万年筆の商品はありませんでした。
ラミー社を買収したことで今後は高価格帯の商品も扱い、
「世界有数の筆記具メーカーとなる」事を公言しています。

今回の買収はドイツ本国でも大きな話題となっているのですが、
ドイツの人々からは意外にもポジティブな声も目立っています。
寄せられていた反応をまとめましたので、ごらんください。

「日本は圧倒的じゃないか!」 各国に現存する最古の企業を示した世界地図が話題に

screenshot 73




翻訳元



■  日本人が関わるんだから、
  これは改善を期待せざるを得ない☺️👍 +4




■ 俺は日本ならまだ良かったって素直に思えるわ。 +7




■ よしっ、クリアランスセール、来い! +31




■ この国の色々な企業が海外に売り払われつつある。 +10




■ 日本が新しいオーナーになるなら、
  他の国の手に渡るより全然いいじゃないか。 +8



   ■ ドイツのメーカーの技術力だって、
     全然悪くないんだけどなぁ……。 +2



■ 僕らは色々と諦めてるからね。
  悲しい現実ではあるわけだけど、
  その現実にちゃんと向き合おう! +7




■ これって実は凄くいい事だと思う。
  日本の筆記具の品質は世界最高だから。 +8



   ■ 自分は日本製の筆記用具には詳しくないけど、
     カメラと同じくらい素晴らしいものなら、
     俄然期待しちゃう😌 +1

海外「そりゃあ高価な訳だ…」 日本製のカメラを分解した結果に外国人が驚愕



■ しかし一方の我々は世界経済危機の間、
  外国投資が大幅に減少してしまった。 +3




■ ラミーの万年筆、俺も使ってるけどいいよね。
  インクは日本のパイロット製を使ってるけど。 +2




■ 70年代から学生に人気だったけど、
  ペリカンやゲーハといったブランドに比べると高くてなぁ。 +5




■ 経済がひどい状態だから、買収されたと言うより、
  むしろ海外資本に助けてもらってるのかも。 +9




■ 今の経済状況を考えると、全く驚きがないんですが 🤔🤷 +2




■ 私はこれは素晴らしいケースだと思う。 +3




■ 万年筆もミツビシ、
  ガレージに停まっている車もミツビシ、
  家を冷やすエアコンもミツビシになるのか。

「この発想はなかった」 日本式のエアコンがアメリカ人の価値観を変えてしまう快挙




■ 三菱/ユニは本当に良いペンを作ってる。
  ユニボールのゲルインクとジェットストリームの低粘度ボールペンは、
  万年筆が使えない時用のお気に入りのインクの上位に入る。 +2




■ 自分は率直に、ラミーが買収された事にショックを受けてるよ。 +2




■ 日本は1939年以来の友人なんだし、問題ないさ。 +5




■ パイロットコーポレーションの方が、
  ラミーにとっては面白かったかもしれないな。
  ユニボールのミツビシ鉛筆はどこまで幸運に恵まれるかな……。
  少なくともユニボールはドイツ市場を開拓しつつあるけど。 +7



   ■ パイロットは長年このセグメントで、
     ドイツでも大成功を収めてきた。
     一方でユニボールはこれからだ。
     だからラミーにとっては難しいかもな。 +3



   ■ パイロットは万年筆用の優れたインキで名を馳せてるけど、
     イロシズク(色彩雫)のリフィル・インクは見事だ。
     青い色調のシンカイ(深海)とアサガオ(朝顔)も、
     間違いなく人気上位だと思う。 +4



■ いい事じゃないの?
  日本企業になって、ついにクールな万年筆が登場するかもよ。 +3

「日本の発明だったのか!」 明治期の日本で誕生し世界に普及した『ガラスペン』が凄すぎると話題に




■ ?「ドイツ経済は悪くない。あれはただの数字だ」☝️🤣 +21




■ 自動車・家電会社の「三菱」と、
  「三菱鉛筆」は系列ではなくて、
  たまたま名前が同じだったことを最近知った。 +2




■ 日本は以前にロットリングを買収して、今度はラミーか! +21




■ ドイツ人でラミーの製品を持っていない人はいないだろう。
  とは言えこの買収で何かが変わるとは思わないな。
  ドイツで製造される事は変わらないんだろうし。 +15




■ 俺たちは日本を超えたんじゃなかったの?🥹 +87



   ■ 日本は競争力を高める(=安くする)ために、
     為替レートのさらなる下落を容認した。
     俺たちは今はもっと豊かになったと思ってたのに、
     待っていたのはこの現実だ……。



■ 悲観してる人はちゃんと知っておいた方がいい。
  日本の文具メーカーは主に日本で生産していて、
  品質に関してはドイツ製品より優れてる。
  これはラミーにとってはチャンスなんだよ。  +2

「ここまで差があるとは…」 日本製と海外製のチョークの品質の差が一目瞭然だと話題に




■ まぁ、今の経済状況からすれば「でしょうね」って感じだが。




■ 少なくとも買収したのは日本人であって、
  米国などではない事をポジティブに捉えよう。 +6




■ 日本の会社に買収されたなら、
  この状況下で起こり得た最善のことでしょ。 +11




■ ラミーはハベック経済・気候保護大臣が選ぶ、
  助成金対象には入らなかったのか。とても残念だ……。
  それでも、日本人に任せておけばきっと大丈夫だろう!  +2





単純に三菱鉛筆という技術がある企業に買収されたこと、
あるいは、いつ海外企業に買収されてもおかしくない状況下で、
相手が日本の企業でまだ良かったと言うことで、
ポジティブな声も意外なくらいに目立っていました。

よく話題になるトリビアで、海外コメントでも指摘がありましたが、
三菱鉛筆と旧財閥の三菱グループは全くの無関係。
財閥解体の際にはGHQにも勘違いされ、
商標の使用禁止を迫られていましたが、
「無関係」だと突っぱねています。
なお、有名なスリーダイヤの商標登録は、三菱鉛筆の方が10年先。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。

[ 2024/03/01 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(0)


コメント欄の幅が狭まってしまう場合は、
履歴やキャッシュの削除を試してみてください。

コメントポリシーをお読みになった上でコメントを投稿してください。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事




ブログパーツ アクセスランキング