fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「これは日本の勝利だ」 世界的権威の英語辞典に日本語が続々と追加され海外騒然

世界で最も権威のある包括的な英語大辞典として、
日本でもよく知られている「オックスフォード英語辞典(OED)」。
オックスフォード大学出版局が刊行する記述的英語辞典で、
英語の歴史的な発展についても示しているなど、
包括的な情報源を提供しています。

オックスフォード英語辞典は先日公式ホームページで、
「日出ずる国からの言葉:
 OEDにおける新たな日本語の借用」
と題した記事を配信。
以下の23の言葉を新たに採用したことを伝えています。

・donburi(丼)
・hibachi(火鉢)
・isekai(異世界)
・kagome(籠目)
・karaage(唐揚げ)
・katsu(カツ)
・katsu curry(カツカレー)
・kintsugi(金継ぎ)
・kirigami(切り紙)
・mangaka(漫画家)
・okonomiyaki(お好み焼き)
・omotenashi(おもてなし)
・onigiri(おにぎり)
・santoku(三徳(包丁))
・shibori(絞り(染め))
・takoyaki(たこ焼き)
・tokusatsu(特撮)
・tonkatsu(とんかつ)
・tonkatsu sauce(とんかつソース)
・tonkotsu(豚骨)
・tonkotsu(とんこつ(たばこ入れ))
・washi tape(和紙テープ)
・yakiniku(焼肉)



この中でも特に「異世界」が海外では注目され、
非常に大きな反響を呼んでいます。
寄せられていた反応をまとめましたのでごらんください。

「日本語すげーなw」 日本語にしか存在しない表現に外国人が大盛り上がり

screenshot 54




翻訳元



■ トンカツ、マンガカ、そしてイセカイ。
  オックスフォードの辞書に、
  日本を端的に表す3つの言葉が加わったな。 +211 




■ 「イセカイがオックスフォード英語辞典に掲載された件」
  ↑これがもうイセカイ系のタイトルみたいだもん。 +4




■ イセカイは名作揃いだから当然だな。 +4 😆+3



   ■ そのほとんどはありきたりな内容になってる。
     もちろん中には名作もあるけども。 +12



■  ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」って、
  イセカイ系を人気にした作品なのに、
  貢献に見合った敬意が払われてないよな。 +181



   ■ 夢オチは「イセカイ」と呼べるのか問題。 +2 



■ BBCによると、オックスフォード英語辞典に、
  いくつかの日本語が追加されたそうだ。
  カツは魚介類や肉、野菜をパン粉で包んで揚げたもの。
  これはいわゆるブーメラン・ワードで、
  和製英語の借り換えの結果だ。
  日本語の借用、あるいはブーメラン・ワードについて、
  みんなはどう思う? +24 



   ■ 「カツ」の語源は「カツレツ」だと思うから、
     これはまさにブーメランワードだ。



■ ついに論文で「イセカイ」が使えるようになったのか。
  信じられんな。 +28 

「まさに日本の象徴だ」 天皇陛下の学者としての側面に外国人から驚きの声が続出



   ■ 引用符で囲んでその意味を説明すれば、
     前から使用出来たんじゃなかったかな? +8 



■ ちなみに英語の「Skosh(少量)」は、
  日本語の「すこし」に由来するとされてる。 +4




■ 重要な実力者を意味する「Head honcho」は、
  日本語の「班長」から来てるようだね。  +3 




■ ジブリの「君たちはどう生きるか」も、
  基本的にはイセカイ作品だよね。
  他のイセカイ系の作品みたいに、
  異常に長いタイトルだったら面白かったのに。 +28 




■ ジブリのイセカイ物は、
  「千と千尋の神隠し」の方が先だな。 +108 




■ だけど「イセカイ」って言葉は文字通り、
  「別世界」を意味する物だよね?
  「イセカイ化」ならまだ分かるかもしれない。
  それともすでに「イセカイ」は、
  そういう意味合いを含んでる? +2  




■ 俺が気になってるのは、イギリスでは一般的に、
  日本のカレーを「カツカレー」って呼んでる事だ。
  例えカツが入ってなくても「カツカレー」なんだ。
  カツを添えた日本のカレーは何て呼べばいい?
  「カツカツカレー」!? +112 

「日本人の反応が気になる!」 英マクドナルドのカツカレー・ナゲットに英国人が熱狂



   ■ インド料理も「カレー」で一まとめにされる。
     それぞれに個別の名前があるのに。
     でも外国料理ってそういう物でしょ。 +5 



■ 「トラック-kun」が掲載されてないだと? +106 

 (※トラックに衝突されて異世界に行く作品が多いことから、
   海外のネット上ではよくネタにされている)




■ 俺は「パンコ(パン粉)」が面白い言葉だと思う。
  ポルトガル語で「パン」を意味する「pão」と、
  日本語で「粉」を意味する「ko」から来てる。
  つまりこの単語の半分はポルトガル語に由来して、
  単語全体は日本語の言葉の一部であって、
  さらに別の言語(英語)でも一般的に使われてるんだ。
  頭がクラクラしてくる! +10 




■ マジか、次は何なんだろう。
  アニメは本当に主流の文化になったんだなぁ。 +144 




■ とある大手メディアはイセカイの例として、
  「葬送のフリーレン」を挙げてたけど、
  あれは絶対イセカイ系ではないと思うんだが。 +646 




■ イセカイファンのみんな、やったな。
  これで俺たちも主流派だ。 +30 




■ 先に掲載されてる「ツナミ」や「エモジ」も、
  「イセカイ」が仲間入りして心強いだろうな。 +35 

「もう日本語入力は不可欠だ」 日本の一般的な顔文字が斬新すぎると話題に




■ 記事の説明を読んで分かったことが1つある。
  「ロード・オブ・ザ・リング」もイセカイだった。 +23 




■ 「オズの魔法使い」もイセカイ扱いでいいの? +81 




■ イセカイとは、
  「この世界の人間が別の世界に連れて行かれること」で、
  普通は魔法モノかSF作品のことを指す。
  それ以外のもの、例えば「葬送のフリーレン」は、
  単なるファンタジー作品だ。 +12 




■ 異世界を舞台にしたファンタジー作品は、
  全て「イセカイ」だと考えられるけど、
  一般的に「イセカイ」だと考えられるのは、
  「イセカイ転生」って認識でオーケー? +3 




■ これは日本の勝利だと言っていい。
  アニメは世界的に主流のメディアとなり、
  今度はジャンルの1つが英語の語彙になったんだ。 +27 




■ 俺たちは一生に一度のこの瞬間を祝うべき。 +53 




■ いいね。
  日本は自国の言葉に大量の英単語を取り入れてる。
  僕たちも同じことをするのは当然なんだよ。 +5 

「日本語は本当に特殊だ」 日本語に3種類の文字がある理由に外国人から驚きの声




■ 「アニメ」という言葉自体が、
  一部の人だけしか使われていなかったのが、
  つい昨日のことのような気がするよ。
   なんてことだ。なんて遠くまで来たんだ。 +878 



   ■ 自分がまだ学生だったころは、
     アニメ(当時はDBZかポケモンのみ)どころか、
     ゲームに少しハマってるだけでも、
     ネガティブなイメージを持たれたし。 +5 



   ■ 昔はマンガをベッドの下に隠してたもんな。 +15 



■ キンツギは美しいアイデアを表す素敵な言葉だよね。
  自分としては、日本からの借用語は多ければ多いほどいい。 +5





■ 日本のエンタメにおける「イセカイ」の概念は、
  英語だと「ポータル・ファンタジー」だけど、
  それだと長ったらしくて誰も使わない。
  だから日本語の「イセカイ」が採用されたのは、
  当然のことなのかも知れないね。 +217 





なおOEDの公式ホームページの記事では、日本語に関して、
「長い間、英語に対する外来語の豊富な供給源であり続けた」と、
これまでの貢献についても冒頭で言及しています。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。

PC版のコメント欄は記事最下部の「コメント欄を表示」より
 PC版でコメント欄の幅が狭まってしまう場合は、
 履歴やキャッシュの削除を試してみてください。
[ 2024/03/29 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(0)





コメントポリシーをお読みになった上でコメントを投稿してください。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング