fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「日本の勢いが止まらない」 米誌が『ハリウッドの失敗と日本アニメの躍進』を報じ話題に

今回は、アメリカのエンターテインメントメディアが報じた、
「米国の映画ファンはハリウッド映画よりも、
 『鬼滅の刃』のTV版を映画館で観たいと考えている」
と題された記事からです。

記事ではまず、全米興行チャートにおいて、
日本アニメは常に無視できない存在になりつつあると指摘。
そしてジブリ作品の「君たちはどう生きるか」のヒットと、
それからわずか2ヶ月後には、
「鬼滅の刃 『絆の奇跡、そして柱稽古へ』」が、
再びヒットしたことを伝えています。

しかもこの作品は、テレビシリーズの総集編プラス、
2024年春放送開始の最新シリーズの第1話の先行上映であり、
「実態としては映画ですらない」と記事は指摘していますが、
それでも全米初登場2位を獲得し、
さらには1館あたりの平均興収に関しては、
全米トップだった事実が伝えられています。

その上で、ハリウッドの停滞と日本アニメの躍進を、
以下のように伝えています。
「この数字は、ハリウッドの映画スタジオが、
 いかに国内市場を軽視してきたかを示すものだ。
 何十年もの間、ハリウッドはティーン市場を無視し、
 子供向けや家族向けの娯楽作品ばかりに力を注いできた。
 日本アニメの市場がアメリカでも成熟し、
 若い世代が大人になってもアニメを求めるようになった今、
 ハリウッドの映画スタジオは何も提供できず、
 日本のような国がティーン向けアニメ市場を、
 独占する道を開いているのだ」


記事には米国の人々から様々な意見が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本は圧力に屈しなかった」 日本アニメが欧米を席巻する理由にBBCが迫り話題に

screenshot 55




翻訳元



■ 自分は4DXで観たよ!
  内容が濃いから少し長過ぎたように感じたけど、
  ああいったものすごい瞬間を、
  大きなスクリーンで観られて本当に良かった。
  「鬼滅の刃」のアニメーターがどれだけの事をしてきたのか、
  大画面だとよりよく分かったよ。




■ 最近のアニメはハリウッド映画よりも、
  説教や道徳的ポーズがはるかに少ないからね。
  僕が「オッペンハイマー」を観にいかないのも、
  そういった部分に理由があるんだ。




■ 正確には「最近のハリウッド映画」だな……。
  昔のハリウッド映画には名作が多かった……。 +4




■ だけど「バービー」みたいな大ヒット作もあるじゃん。



   ■ 自分の周りで「バービー」を観に行ったのは、
     バービーが大好きな女性たちか、
     彼女たちに付き添った彼氏 or 夫だけだったよ。
     


■ たとえ新しいエピソードがたった1話だとしても、
  やっぱり劇場で観るのは楽しいんだよねぇ。 +2




■ 最近は高いお金を払って映画館で観たり、
  配信まで2、3ヶ月待つのが楽しみなハリウッド映画がない。
  一方で「鬼滅の刃」の劇場版は期待を裏切らない。




■ 「鬼滅の刃」の通常のエピソードに費やされる、
  アニメーションの予算と労力は、
  多くのハリウッド映画(アニメ映画)と同等か、
  それ以上のクオリティだから。 +3




■ ちなみに「鬼滅の刃」は、
  過去10年間で最も成功した少年漫画であり、
  しかも作者は女性なんだよね。

「日本に負けたのも当然だ」 女性も大活躍する日本の漫画界の特殊性が話題に



   ■ 欧米の慣習とは違うから。
     日本ではある意味女性は特別扱いされない。



■ 俺もハリウッド映画にあまりにも選択肢がなかったら、
  「鬼滅の刃」を観るかってなるもんなぁ。 +2




■ アニメに負けたくないのであれば、
  ハリウッドはもっと良い映画を作るしかない。 +1




■ 映画館で隣に座ってた子供たちがおしゃべりしてた以外は、
  息子も私も劇場版「鬼滅の刃」を楽しめた!
  思ったより長かったけど、すごく良かったよ!



   ■ テレビの総集編+テレビの最新話。
     これを「映画」と言えるのかは疑問だけど。 +1



■ 日本のアニメ映画は、
  原作のマンガを全部映画化するわけじゃなくて、
  メインとなるストーリーだけを映画に凝縮するんだよね?
  「鬼滅の刃」の最新情報は追いかけてないけど、
  日本アニメ独自のそういうやり方は聞いた事がある。




■ 最近のハリウッドは昔のアニメもリバイバルして、
  「X-MEN」とかで団塊世代を取り込もうとしてるね。

「何で本家を超えてるんだ…」 アメコミのアニメーション化さえ日本が上だと話題に




■ 劇場に行ってまでTVのエピソードが観たい。
  アニメはそれくらい人気って事でしょ。 +2




■ 今は西洋のメディアから面白いものは生まれてない。
  2000年代が懐かしいよ😢 +6




■ そんな映画ファンを責める事は誰にも出来ないはず。




■ 「鬼滅の刃」は持ち上げられ過ぎてて、
  みんな映画もテレビも観なきゃって気にさせられてる。
  かくいう自分はまだ観れてないけど。



   ■ 「鬼滅」の映画は「無限列車編」だけで十分だと思う。
     それかシーズン2。
     「無限列車編」をテレビ用に脚色したものだから。



■ これは実際にその通りだろうな。
  とにかく最近のハリウッドは名作を作れてない。




■ 最近のほとんどのアメリカ人は、
  エンタメのために日本に行きたいと思ってるしな。 +5

「これこそが日本の強みだ」 日本のエンタメが世界を制した理由が一言で総括され話題に




■ 映画が昔とは違っちゃってるから。
  人々が求めてるのは娯楽であって、説教ではない。
  ハリウッドのリーダーたちはそのことを見失ってると思う。
  それでもなお素晴らしい映画は今でも制作されてるけど、
  そういう映画に限って宣伝は控えめだから、
  見つけるのが難しいんだ。 +8



   ■ 最近のハリウッド映画の最大の問題は、
     ほぼ全てがリメイクや続編ってことでしょ。
     オリジナル作品はほとんどない。 +4



■ どうしてこんな事になってしまったんだ。



   ■ 1つ確かなことがある。
     それはハリウッド側の問題では全くという事。 😆+3



■ 日本のポップカルチャーの勢いが止まらないね。
  なぜか他のあらゆるものより勢いが強いもん。




■ 実際のところ私は過去2年間にアニメは観てきたけど、
  ハリウッド映画は1本も観てない🤷‍♀️ +2




■ 日本の神話や宗教には、
  インスピレーションを得られるものが沢山ある。
   だからこそアニメは凄く豊かに感じられるんだ。

「日本神話は最高のエンタメだ!」 日本神話の天孫降臨までの流れに外国人が熱狂




■ テレビ版を映画として上映するやり方に、
  メディアは注文をつけるべきだと思うけど。
  「無限列車編」みたいにちゃんと映画ならまだしも。



   ■ それでもアメリカ人は、他のどの新作映画よりも、
     「鬼滅の刃」にお金を払ったのは事実だ。



■ 日本のアニメは、ただ人を楽しませようとする。
  それがハリウッドとの違いだと思う。




■ ハリウッド映画よりアニメが人気かどうかは分からない。
  だけどアメリカにおいてアニメの影響力が、
  増大し続けている事だけは確かだ。 +2





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。

PC版のコメント欄は記事最下部の「コメント欄を表示」より
 PC版でコメント欄の幅が狭まってしまう場合は、
 履歴やキャッシュの削除を試してみてください。
[ 2024/03/30 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(1)





コメントポリシーをお読みになった上でコメントを投稿してください。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング