fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の方々の反応をお伝えします


海外「日本を大国に導いたのに…」なぜ『ラストサムライ』では日本を近代化させた明治政府が悪役なの?

2003年に世界各国で公開された、
叙事詩的時代劇アクション映画「ラスト サムライ」。
1877年に西郷隆盛を盟主にして起こった西南戦争と、
外国勢力による日本の西洋化にヒントを得た作品で、
海外作品ながら、武士道とはどんなものなのかを、
偏見なく描こうとした意欲作でした。

映画やエンタメ情報を専門的に扱うメディア、
「Movies and Delight」は、
「正論を述べていた映画の"悪役"」として、
「ラスト サムライ」の大村(演:原田眞人)の名を挙げ、
その理由を以下のように綴っています。

「『日本は強くなる事で列強に抵抗しなければならない。
  そのためには富国強兵を目指さなければならない』

 おそらく大村の意図は自己利益を追求しており、
 日本が近代化していく過程において、
 自分の財布を肥やすことを目指していただろう。

 しかし、彼の手法と目標は日本全体のために最善であり、
 士族反乱の領袖である勝元(演:渡辺謙)の目標は、
 日本の遺産と古い生活様式を保護することにあった。
 
 大村は日本のために何がなされるべきかを理解していた。
 欲望と力への飢えが根底にあったにせよ、
 日本が世界の舞台で競争するためには、
 近代化が必要であるという事実を認識していたのだ。
 
 列強により国土を切り取られないためには、
 日本は西洋のやり方を受け入れなければならなかった。
 そして大村は、そのために中心に立っていた。

 近代化により古いやり方は忘れ去られるかもしれないが、
 最終的には日本は新しい世界で生き残り、繁栄する。
 明治政府側は結局のところ正しかった。

 『日本は新しい物を導入しなければならない』。
 日本の未来はまさにこの考えにかかっていたのだ」



上記の指摘に対して、世界中から意見が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本人との差は何なんだろう…」 明治維新を成し遂げた日本にアフリカから羨望の声

screenshot 54




翻訳元(シェアページからも)




■ 歴史を見れば、結局は大村が正解だった。
  当時の武士階級、特に反乱軍たちは、
  1600年ごろと同じように、比較的平和な時代に、
  基本的には漫然と日々を過ごして、
  俸給を受け取るような生活をしてたし。 +159 アメリカ



   ■ 1600年は日本の歴史の中で、
     最も激動の時代だったけど🙂 +13 ポーランド



   ■ でも大村は、明治初期の内務大臣で、
     元士族の大久保利通がモデルだよ。 フィリピン



■ 当時の世界の現実を真に理解してたのは、
  アジアでは日本だけだったと思われる。
  そういう面がちゃんと描写されてるから、
  俺はこの映画が大好きなんだ。 +10 イギリス



   ■ シャム、今のタイもそうだったよ。 +7 タイ



■ 西洋化に抗おうとした場合に、
  そういった国内における葛藤はよく起きた。
  日本然り、オスマン帝国然り。 +73 アメリカ




■ 俺は古い価値観に固執する人を評価しない。
  この世に変わらないものなんて1つもなくて、
  変化を進歩的なものに形作るために努力すべきなんだ。
  だから「ラストサムライ」に本当の主人公がいるとすれば、
  国、この場合は日本の近代化を進める一方で、
  それに付随する腐敗と戦う人物像。 +4 ギリシャ




■ 俺もサムライ映画は大好きだけど、
  実際にはサムライは軍事独裁政権の支配階級だった。
  もし明治政府に権力が移行してなかったら、
  彼らは日本を農耕的な封建社会として維持して、
  すべての富と権力を自分達に集中させたはず。
  近代化は植民地勢力から日本を守る、
  唯一の方法だったと俺は考えてる。 +19 ニュージーランド




■ 実際に明治政府は日本を近代化して、
  強大な国に勝るほどの大国に導いたのにね。 +30 ポーランド

「まったく日本人は…」 歴史が繋いだ日本の小学校とアルゼンチンの友情に感動の声



   ■ 中世的な封建制度を敷いていた日本が、
     西洋(ペリー提督)の近代技術と出会ってから、
     たった55年以内に列強にのし上がった。
     当時の日本の変化の速さには、
     今なお興味をそそられてしまう。 +8 



■ 映画はよく出来てるし感動的な場面もあるけど、
  薩長同盟(1877年)の歴史をかなり歪めてる。
  西郷隆盛は単に昔を懐かしむような、
  そういうロマンチストではなかったよ。
  明治維新や近代化運動に参加したにもかかわらず、
  武士の称号や特権が廃止されたから、
  それらを維持したかった西郷は怒ったんだ。
  実際には武士の特権を回復させたかったんだよ。
  明治の時代は大部分が寡頭政治だったけど、
  少なくともかなりの実力主義ではあった。
  反乱軍の戦いはロマンチックに語られてるけど、
  反乱の最中はそうじゃなかったし。  +153 カナダ



   ■ 素晴らしい。俺もその見方に同意する。
     「ラストサムライ」は名作映画だけど、
     現実の歴史とは大きくかけ離れている事は、
     肝に銘じなければならないと思う。
     それでも友人が紹介してくれた、
     最高の映画の1つだけど。 +3 アメリカ



   ■ 世界史に共通するテーマのようだ。 +3 フランス



■ 大村(のモデル)は今でも日本で尊敬されてる。
  映画版は彼のキャラクターを完全に台無しにした。
  だけどそのおかげで映画は非常に面白くなって、
  トム・クルーズは好感の持てるヒーローになった。
  この映画はより正確な歴史的背景を踏まえて、
  リメイクされるべきだと思う。 +71 




■ ちなみに主人公はアメリカ人に置き換えられてるけど、
  実際に主人公のモデルになったのは、
  フランス人のジュール・ブリュネね。 +5

「日本史に影響を与えてたのか!」 サムライと共に戦ったフランス人の存在に現地が熱狂




■ 非常に熱い意見だけど、間違いなくその通りだ。
  目的が実際に手段を正当化する場合もある。
  多くの場合、新しく強い未来を望む場合、
  現在を破壊することを伴うんだから。 +29 アメリカ




■ だけど渡辺謙が演じた勝本は、
  明治政府側が自分たちが何者で、
  何を代表しているのかを忘れない限りは、
  近代化に反対してなかったはず……。 +5 ドイツ




■ サムライは日本の騎士団。
  そしてヨーロッパの騎士も日本のサムライも、
  過大な栄誉と評価を受けてきた。
  一般人よりもはるかに多くの権利を持ってたから。
  笑っちゃうことに現代人は特権階級に批判的なのに、
  サムライや騎士は大好きなんだよな。 +29 ニュージーランド



   ■ 武士は全員が豊かという訳ではなかったよ。 +3 



■ 結果として大村側は正しかったわけだけど、
  彼の関心は国の安全保障ではなかった。
  あくまでも自分の経済的利益だ。 +25 アメリカ




■ 19世紀のサムライは武士ではなかったでしょ。
  日本は200年間平和な時代を送ってたんだし。
  サムライは官僚になってたんだよ。 +8 イギリス




■ 西南戦争では両陣営とも西洋風の軍服を着用してたし、
  銃も使用して、西洋人の顧問だっていた。
  1540年代にポルトガル人によって導入されて以来、
  日本には銃がかなり豊富にあったし、
  長篠の戦いで使用されたことでも有名だ。
  サムライが自分たちの生活様式を守ろうとしていた、
  という考え方は、すべて映画のでっち上げだよ。
  だって1500年代の終わりごろには、
  欧州全土を合わせたよりも多くの火縄銃が、
  日本にあったんだから。 +150 アメリカ

「なぜ侍は盾を使わないんだ?」 戦国時代の合戦を再現した映像が海外ネットで大反響



   ■ 当時の日本で銃が普及してたのは事実だけど、
     徳川家康が禁止にした事も忘れてはいけない。
     だいだい1700年代までには、
     ほとんどの銃はなくなった。 +5 ルーマニア



   ■ あの剣豪宮本武蔵ですら、
     「五輪書」で銃に言及してるからね。 +7 



■ そして実際に明治政府は正しく物事を行った。
  現代の日本は先進国の一員であり、
  欧米諸国と肩を並べてるんだから。 +8 ベナン




■ 最高の物語は「悪役」の動機に共感できる物語。
  明治政府側のやり方に同意するかどうかが、
  違いを生むって俺は思ってるけどね。 +3 カナダ




■ 中世の武士は誇り高き戦士だった。
  だけど江戸時代の将軍の戒厳令の下で、
  何世代にもわたって平和が続いた結果、
  多くの武士が傲慢な官僚になってしまった。
  このことは「ラストサムライ」が公開されたときに、
  日本の人たちからも指摘されてたよ。 +26 アメリカ




■ 実はすべてのサムライが、
  文字通りの武人だったわけではないんだがね。
  インテリ層の武士は明治期には楽な仕事にありつけた。
  明治初期に武士の反乱を引き起こしたのは、
  当時の陸海軍に吸収される事にはならなかった、
  剣士たちだったんだよ。 +30 シンガポール



   ■ ローマ帝国に関する話題と同じだよね。
     「サムライ」も時代によって全然違う。
     後期のサムライたちは初期とは、
     あるいは戦国時代とは別物。  アメリカ

「日本は現代のローマ帝国だ」 日本のふとした日常の光景にイタリアから驚きの声



■ ほとんどの「悪役」には一理あるものだ。
  彼らのやり方には深い欠陥があるかもしれないが、
  その指摘は哲学的に妥当であることが多い。 +29 




■ 天皇は大村の改革が必要であると認識し、支持した。
  だからこそ勝元は政府中枢から追放されてしまった。
  問題は、それ(改革)を達成するための、
  大村の振る舞いにあったんだよ。 +8 イギリス




■ 俺たちは感情的にはサムライと一緒だけど、
  近代的な政治をやらなきゃいけない事を、
  頭では分かってしまってるからなぁ。 +4 アイルランド




■ 大村にも一理あるが、勝元にも一理ある。
  勝元は日本社会の変化があまりにも速いと感じてた。
  そして彼にとって神聖な存在である天皇が、
  国家の事など考えていない政府要人に使嗾され、
  コントロールされているとも考えていた。
  勝元は天皇の師という神聖な義務も負っており、
  その義務を懸命に果たしただけなんだ。 +13 ブラジル





多くの外国人が侍に共感し、映画も名作だとした上で、
当時の日本は近代化以外に独立を保つ方法はなく、
「悪役」的な立ち位置であった大村こそが、
政治的には正しかったと考えているようでした。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。

[ 2024/04/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(140)


コメント欄の幅が狭まってしまう場合は、
履歴やキャッシュの削除を試してみてください。

コメントポリシーをお読みになった上でコメントを投稿してください。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新記事
月別アーカイブ
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事




ブログパーツ アクセスランキング